CSRナビ

トヨタ環境活動助成プログラム

プログラム概要

トヨタ環境活動助成プログラムとは

21世紀が真に豊かな社会として持続的に発展していくためには、環境と人間の活動との調和が不可欠です。私たちは、次の世代に対して豊かな地球を引き継ぐ責任があることを認識し、国境を越えた人類共通の課題である環境問題の解決にあたっていかなければなりません。

トヨタ自動車株式会社(以下、「トヨタ」と略す)は、世界中のお客様に愛され受け入れられるために環境を経営の最重要課題のひとつと位置づけ、多様な技術で環境負荷の低減に取組むと同時に、資源循環を推進します。

1999年トヨタ自動車は世界初の量産型ハイブリッド車の発売や環境マネジメントシステムの構築、環境情報の積極的な開示などが評価され、国連環境計画(UNEP)から「グローバル500賞」を受賞しました。これは、「持続可能な発展」のための環境保護および改善に功績のあった個人および団体に与えられる賞です。この受賞を記念し、社会貢献活動の一環として2000年度より民間非営利団体などの環境活動を支援するため助成プログラムを実施しています。

プログラムの目的

トヨタは、豊かな社会の実現とその持続的な発展のため、社会の幅広い層と力を合わせ、持てる資源を有効に活用しながら、次の世代を担う人材の育成と社会的課題の解決に向け、各国・各地域の実情に合わせた活動を展開することを社会貢献の基本理念としています。

このような基本理念に基づき、トヨタ環境活動助成プログラムは、環境保全のための次の世代を担う人材の育成と環境問題の解決を目指す民間非営利団体等が実施するプロジェクトを助成しています。

助成対象

トヨタ自動車は、「ものづくりは人づくり」と考え、技術開発、生産活動を通じた人材育成を企業活動の中心においてきました。本プログラムは、「ものづくりは人づくり」という視点から、環境課題の解決に取り組む人材育成や、実践的に環境課題解決に資するプロジェクトを推進する民間非営利団体の活動を助成します。

助成対象テーマ

「生物多様性」・「気候変動」。

応募資格

  • 民間非営利団体を助成対象とします。
  • NPO・NGO、公益法人および法人格を持たない任意団体やグループを含みます。
    [営利企業、国、地方自治体、学校(幼稚園から大学を含む、国際機関(政府間協定で成立した機関)等は、助成対象外とします]

助成枠

海外プロジェクト

・プロジェクト1件あたりの助成金額 上限700万円
・助成期間 2019年1月より2年以内
・プロジェクトの実施地域 海外
・対象 日本国内在住の団体、または日本国内在住団体と海外在住団体の協働によるプロジェクトを助成します。
海外在住団体のみでの活動は対象外です。ただし、弊社海外事業体との協働の活動は対象とします。

国内プロジェクト

・プロジェクト1件あたりの助成金額 上限300万円
・助成期間 2019年1月より2年以内
・プロジェクトの実施地域 日本国内
・対象 日本国内在住団体による、環境を保全するための地域に根差した活動を助成します。

国内小規模プロジェクト

・プロジェクト1件あたりの助成金額 上限100万円
・助成期間 2019年1月より2年以内
・プロジェクトの実施地域 日本国内
・対象 今まで当助成プログラムで助成を受けたことがない日本国内在住団体による、環境を保全するための地域に根差した活動を助成します。

プログラムの詳細および申請用紙の入手方法

  • 応募方法については、応募方法ページをご参照ください。
  • 選考方法の詳細については、選考方法ページをご参照ください。
  • 募集要項・申請書式・覚書様式(本年度版)・成果報告資料はこちらからダウンロードできます。