環境トピックス

「トヨタ環境活動助成プログラム」第5回 活動成果報告会を開催

トヨタ自動車は、5月16日(火)東京本社にて「トヨタ環境活動助成プログラム」の助成団体による活動成果報告会を開催しました。

助成団体、選考委員、当助成プログラムに関心のある一般の環境NPOの方々に参加いただき、ノウハウの少ない団体への成果の共有、当助成プログラムの募集要項の説明を行いました。

資料はこちらをご覧ください。

1.活動成果報告会の内容

1) 「ボルネオ島で発見された絶滅の恐れの高いスマトラサイの保全」

公益財団法人世界自然保護基金ジャパン
自然保護室 森林グループ 小林 俊介 様

2) 「夏休みハイブリッドミニソーラーカー工作教室」

宇部市地球温暖化対策ネットワーク
代表 溝田 忠人 様

3) 「里山に繁茂する竹を農業に有効活用して炭素固定を図り、次世代へ引き継ぐ地域へ発展」

一般社団法人 四日市大学エネルギー環境教育研究会
研究員 久保田 領一郎 様

2.参加者からの声

  • 具体的な選考の視点が非常にわかりやすかった
  • プロジェクト設計や、実施上の工夫、地域との連携など大変参考になった
  • 他団体の事例から、新しいアイディア浮かんだ
  • 申請書記入の際のポイントや、個別相談が大変参考になった

  • 「トヨタ環境活動助成プログラム」の概要はこちらをご覧ください。

(掲載日:2017年6月6日)