CSRナビ

中国における砂漠化防止プロジェクト(中国)

トヨタ自動車(TMC)

砂漠化防止プロジェクト

模索と試行錯誤を重ねて、住民と共生する「持続可能な植林モデル」を構築しました。

プロジェクト概要

中国では、家畜の過放牧などによる砂漠化という深刻な問題を抱えています。北京近郊でも砂漠化が進行し、中国政府も危機感を強める中、トヨタは2001年より中国科学院、河北省林業局、NPO地球緑化センターと共同で、北京近郊の砂漠化の最前線で3,000haの砂漠化防止プロジェクトに取り組んできました。

自然環境や社会的側面を調査し、日中のパートナーと話し合いを重ねた上、砂漠化の原因対策や地域住民の生活向上につながる植林を実施するとともに、トヨタの支援終了後も住民によって活動が持続する仕組みを設けるなど、模索と試行錯誤を重ねることで「持続可能な植林」モデルを構築しました。

プロジェクト地域

北京の中心部から北180kmに位置する河北省豊寧満族自治県シャオバーズ郷。

北京や天津の水源地の一つであるにも関わらず、過放牧や過伐採により砂漠化が進行していました。

プロジェクト地域

プロジェクトの特徴

1.砂漠化原因の抑制

砂漠化の原因である過放牧への対策として、畜舎で飼育できる乳牛を導入し、牧草を栽培することにしました。

山羊の過放牧山羊の過放牧

乳牛の導入乳牛の導入

牧草の栽培牧草の栽培

2.住民の経済的自立化支援

立地条件に合わせた樹種を選定するとともに、住民の生活向上を目指し、現金収入が得られる薬草や果樹の栽培を実施しました。さらに、トヨタの支援終了後も、本活動が住民によって持続できる仕組みが必要と考え、植林地からの収益の一部を新たな植林地へ再投資する仕組みを設けました。

立地条件に合わせた樹種選定(全19種)立地条件に合わせた樹種選定(全19種)

果樹果樹(山杏)

薬草薬草

3.緑化への意識改革

緑化活動を一時的なものに終わらせず持続的な活動とするために、植林による環境改善のモニタリングや、活動を担う人づくりにも取り組みました。
2008年5月には、人材の育成、緑化技術の情報発信拠点となる施設を設立しました。

環境改善効果のモニタリング環境改善効果のモニタリング

日中パートナー会議で緑化への意識共有日中パートナー会議で緑化への意識共有

研修・展示施設(2008年5月設立)研修・展示施設(2008年5月設立)

効果

植林の防風効果により、植林地内の風速が低減しました。また、放牧を禁止することにより、下層植生の植物量が増加し、砂面が固定化されるとともに、夏の地温の低下や土壌養分の増加などの効果が得られています。

植林前植林前

⇒

植林後9年経過植林後9年経過

トヨタの取り組みは計画通り10年で完了し、2011年からは活動の主体を現地事業体に移し、新たな植林に着手しました。

中国における砂漠化防止プロジェクト

中国における砂漠化防止プロジェクト
動画を見る
(7分20秒)