CSRナビ

子供向けの交通安全教育(カンボジア)

トヨタ・カンボジア社(TCAM)

5~15歳の子どもを対象とする交通安全教育イベントを開催しました。

カンボジアでは交通事故は解決が難しい社会課題のひとつとなっています。

カンボジアトヨタでは2014年、5~15歳の子どもを対象とする交通安全教育イベントを開始しました。
初回は8月の週末に大型ショッピングモールで開催し、約50名が参加。
カンボジアの交通安全関連NGOの専門家によるレクチャーやアニメ、交通警察による道路標識の説明、理解度を試すゲームセッションを通して、楽しく交通知識を学びました。
また9月にも同じ場所で、同じ年齢層の子どもを対象に第2回目を実施。

これらのイベントを通して、参加した子どもたちだけでなく、ショッピングモールを訪れている一般の方々にも交通安全の意識を高めてもらうことができました。

交通安全教育イベントの様子楽しく交通安全を学ぶ子どもたち