CSRナビ

空港タクシー運転手の安全運転を啓発(インド)

トヨタキルロスカ自動車(TKM)

交通安全週間に、空港タクシー運転手を対象に運転講習会や、健康診断、視力検査を実施しました。

インドでは毎年1月に交通安全週間を設け、国中でさまざまな啓発活動を行っています。
その一環として、トヨタキルロスカモーターは、空港タクシーの運転手約1,280名を対象に、安全かつ環境にやさしい運転をするための講習会や、健康診断、視力検査を実施しました。
その結果、306名が視力に問題があると診断され、無料でメガネが配られました。さらに4人は心電図での検査が必要となり、病院を紹介されました。

視力検査の様子視力検査の様子