CSRナビ

クルマの安全性の追求

トヨタでは、事故を未然に防ぐための「予防安全技術」と、事故発生後の被害軽減のための「衝突安全技術」の両面から実安全を追求しています。

実安全とは、実際に社会で発生しているさまざまな事故の調査・解析に基づいて、対策技術の開発、普及および効果の検証を行うものです。そのために、トヨタではまず、事故調査や人間研究のデータを用いて、「なぜ事故が起きたのか」「どのような原因でけがをしたのか」を解析します。

次に、その事故を、さまざまなシミュレーションにより再現し、対策技術を開発します。傷害発生のメカニズムの解明には、トヨタが独自に開発したコンピューター衝突解析用人体全身モデル「THUMS」等を活用しています。また、予防安全技術の開発のために、限りなく実走行に近い試験環境を追及した「ドライビングシミュレーター」を開発しました。実車での走行では危険が伴う実験や、特定の条件下で自動車を走行させる実験などに活用しています。

さらに、実車試験等で確認した上で、商品化した後も、「市場での事故調査・解析」というサイクルを回し続け、効果の確認をすることによって、常に安全性の向上に努めています。

具体的な取り組み

トヨタ ドライバーコミュニケーション

安全なクルマ作りの考え方、衝突安全、予防安全など、「安全技術」ページにて詳細を紹介しています。

「安全技術」ページはこちらから