CSRナビ

1本の糸が私を広い世界へ導いてくれた。トヨタ助成金プログラム 1本の糸が私を広い世界へ導いてくれた。トヨタ助成金プログラム

中国貴州省出身の姜麗子(ジャン・リーズ)さんを突如襲った貧困。
彼女を助けたのは親戚や教師、企業などの様々なサポートだった。

PDFダウンロードはコチラ
After Story...

私を引く1本の「糸」。それは広い世界へと繋がっている。

 その後、姜さんはトヨタ助学金プログラムの支援を受けることが決まり、貴州大学に入学。在学中に初めて、念願の海外へ。交換留学生に選ばれ韓国を、トヨタ助学金プログラムで日本を訪れた。さらに外の世界への興味が湧いた。「子供の頃から、私を導く1本の糸があるような気がしていた」とジャンさんは言う。彼女は糸をたぐり寄せ、チャンスを掴んだ。留学やトヨタ助学金もその1本の糸だった。広い世界に繋がる糸だ。
 姜さんが仕送りを続ける弟の文樟さんは、北京の大学で観光を学んでいる。「教育は自分の運命を変えられる。将来は故郷に戻り、地元発展の手助けをしたい」と学ぶことの大切さを語ってくれた。彼も姉の影響で日本にも興味を持ちはじめたという。日本に留学できないか模索中だ。
 彼女に同行し、親戚の家を訪れた時、彼女は鞄一杯の贈り物を配った。服、たばこ、化粧品。一つ一つは些細なもの。だが、ジャンさんの鞄には優しさが詰まっていた。「お土産やお小遣いを渡し、仕送りをする家族や親族がいることは、プレッシャーであり、原動力でもあります。私はたくさんの援助を受けた。次は私の番。お世話になった人達に恩返しをしたい。」
 現在、彼女の夢は仕事を通して日中韓をつなぐ架け橋になること。日本語の勉強もはじめようとしている。広い世界に繋がる糸は、さらに彼女を強く導く。彼女もまたその糸から手を離そうとはしていない。

北京の大学で観光学を学ぶ弟の文樟さん。

親戚の家でお土産を手渡す姜さん。

災害からの復興に必要なものは知恵と出会いだった。セントバーナードプロジェクト(SBP) 災害からの復興に必要なものは知恵と出会いだった。セントバーナードプロジェクト(SBP)

現在も続く、ハリケーン・カトリーナの復旧支援活動。
支援NPOが直面した問題を解決した日本の知恵とは?

PDFダウンロードはコチラ

棚田に吹くイノベーションの風 1000年の里山に笑顔の連鎖 岡山県 上山集落みんなのモビリティプロジェクト 棚田に吹くイノベーションの風 1000年の里山に笑顔の連鎖 岡山県 上山集落みんなのモビリティプロジェクト

幸せに暮らせる場所へ。
棚田が広がる集落に、イノベーションを持ち込んだ人々。

PDFダウンロードはコチラ
After Story...

私を引く1本の「糸」。それは広い世界へと繋がっている。

 その後、姜さんはトヨタ助学金プログラムの支援を受けることが決まり、貴州大学に入学。在学中に初めて、念願の海外へ。交換留学生に選ばれ韓国を、トヨタ助学金プログラムで日本を訪れた。さらに外の世界への興味が湧いた。「子供の頃から、私を導く1本の糸があるような気がしていた」とジャンさんは言う。彼女は糸をたぐり寄せ、チャンスを掴んだ。留学やトヨタ助学金もその1本の糸だった。広い世界に繋がる糸だ。
 姜さんが仕送りを続ける弟の文樟さんは、北京の大学で観光を学んでいる。「教育は自分の運命を変えられる。将来は故郷に戻り、地元発展の手助けをしたい」と学ぶことの大切さを語ってくれた。彼も姉の影響で日本にも興味を持ちはじめたという。日本に留学できないか模索中だ。
 彼女に同行し、親戚の家を訪れた時、彼女は鞄一杯の贈り物を配った。服、たばこ、化粧品。一つ一つは些細なもの。だが、ジャンさんの鞄には優しさが詰まっていた。「お土産やお小遣いを渡し、仕送りをする家族や親族がいることは、プレッシャーであり、原動力でもあります。私はたくさんの援助を受けた。次は私の番。お世話になった人達に恩返しをしたい。」
 現在、彼女の夢は仕事を通して日中韓をつなぐ架け橋になること。日本語の勉強もはじめようとしている。広い世界に繋がる糸は、さらに彼女を強く導く。彼女もまたその糸から手を離そうとはしていない。

北京の大学で観光学を学ぶ弟の文樟さん。

親戚の家でお土産を手渡す姜さん。

After Story...

私を引く1本の「糸」。それは広い世界へと繋がっている。

 その後、姜さんはトヨタ助学金プログラムの支援を受けることが決まり、貴州大学に入学。在学中に初めて、念願の海外へ。交換留学生に選ばれ韓国を、トヨタ助学金プログラムで日本を訪れた。さらに外の世界への興味が湧いた。「子供の頃から、私を導く1本の糸があるような気がしていた」とジャンさんは言う。彼女は糸をたぐり寄せ、チャンスを掴んだ。留学やトヨタ助学金もその1本の糸だった。広い世界に繋がる糸だ。
 姜さんが仕送りを続ける弟の文樟さんは、北京の大学で観光を学んでいる。「教育は自分の運命を変えられる。将来は故郷に戻り、地元発展の手助けをしたい」と学ぶことの大切さを語ってくれた。彼も姉の影響で日本にも興味を持ちはじめたという。日本に留学できないか模索中だ。
 彼女に同行し、親戚の家を訪れた時、彼女は鞄一杯の贈り物を配った。服、たばこ、化粧品。一つ一つは些細なもの。だが、ジャンさんの鞄には優しさが詰まっていた。「お土産やお小遣いを渡し、仕送りをする家族や親族がいることは、プレッシャーであり、原動力でもあります。私はたくさんの援助を受けた。次は私の番。お世話になった人達に恩返しをしたい。」
 現在、彼女の夢は仕事を通して日中韓をつなぐ架け橋になること。日本語の勉強もはじめようとしている。広い世界に繋がる糸は、さらに彼女を強く導く。彼女もまたその糸から手を離そうとはしていない。

北京の大学で観光学を学ぶ弟の文樟さん。

親戚の家でお土産を手渡す姜さん。

スペシャル対談『心の豊かさをデザインする』 スペシャル対談『心の豊かさをデザインする』

PDFダウンロードはコチラ

トヨタグループ 被災地復興支援 トヨタグループ 被災地復興支援

PDFダウンロードはコチラ

トヨタ コミュニティコンサート トヨタ コミュニティコンサート

PDFダウンロードはコチラ
After Story...

私を引く1本の「糸」。それは広い世界へと繋がっている。

 その後、姜さんはトヨタ助学金プログラムの支援を受けることが決まり、貴州大学に入学。在学中に初めて、念願の海外へ。交換留学生に選ばれ韓国を、トヨタ助学金プログラムで日本を訪れた。さらに外の世界への興味が湧いた。「子供の頃から、私を導く1本の糸があるような気がしていた」とジャンさんは言う。彼女は糸をたぐり寄せ、チャンスを掴んだ。留学やトヨタ助学金もその1本の糸だった。広い世界に繋がる糸だ。
 姜さんが仕送りを続ける弟の文樟さんは、北京の大学で観光を学んでいる。「教育は自分の運命を変えられる。将来は故郷に戻り、地元発展の手助けをしたい」と学ぶことの大切さを語ってくれた。彼も姉の影響で日本にも興味を持ちはじめたという。日本に留学できないか模索中だ。
 彼女に同行し、親戚の家を訪れた時、彼女は鞄一杯の贈り物を配った。服、たばこ、化粧品。一つ一つは些細なもの。だが、ジャンさんの鞄には優しさが詰まっていた。「お土産やお小遣いを渡し、仕送りをする家族や親族がいることは、プレッシャーであり、原動力でもあります。私はたくさんの援助を受けた。次は私の番。お世話になった人達に恩返しをしたい。」
 現在、彼女の夢は仕事を通して日中韓をつなぐ架け橋になること。日本語の勉強もはじめようとしている。広い世界に繋がる糸は、さらに彼女を強く導く。彼女もまたその糸から手を離そうとはしていない。

北京の大学で観光学を学ぶ弟の文樟さん。

親戚の家でお土産を手渡す姜さん。

After Story...

私を引く1本の「糸」。それは広い世界へと繋がっている。

 その後、姜さんはトヨタ助学金プログラムの支援を受けることが決まり、貴州大学に入学。在学中に初めて、念願の海外へ。交換留学生に選ばれ韓国を、トヨタ助学金プログラムで日本を訪れた。さらに外の世界への興味が湧いた。「子供の頃から、私を導く1本の糸があるような気がしていた」とジャンさんは言う。彼女は糸をたぐり寄せ、チャンスを掴んだ。留学やトヨタ助学金もその1本の糸だった。広い世界に繋がる糸だ。
 姜さんが仕送りを続ける弟の文樟さんは、北京の大学で観光を学んでいる。「教育は自分の運命を変えられる。将来は故郷に戻り、地元発展の手助けをしたい」と学ぶことの大切さを語ってくれた。彼も姉の影響で日本にも興味を持ちはじめたという。日本に留学できないか模索中だ。
 彼女に同行し、親戚の家を訪れた時、彼女は鞄一杯の贈り物を配った。服、たばこ、化粧品。一つ一つは些細なもの。だが、ジャンさんの鞄には優しさが詰まっていた。「お土産やお小遣いを渡し、仕送りをする家族や親族がいることは、プレッシャーであり、原動力でもあります。私はたくさんの援助を受けた。次は私の番。お世話になった人達に恩返しをしたい。」
 現在、彼女の夢は仕事を通して日中韓をつなぐ架け橋になること。日本語の勉強もはじめようとしている。広い世界に繋がる糸は、さらに彼女を強く導く。彼女もまたその糸から手を離そうとはしていない。

北京の大学で観光学を学ぶ弟の文樟さん。

親戚の家でお土産を手渡す姜さん。

After Story...

私を引く1本の「糸」。それは広い世界へと繋がっている。

 その後、姜さんはトヨタ助学金プログラムの支援を受けることが決まり、貴州大学に入学。在学中に初めて、念願の海外へ。交換留学生に選ばれ韓国を、トヨタ助学金プログラムで日本を訪れた。さらに外の世界への興味が湧いた。「子供の頃から、私を導く1本の糸があるような気がしていた」とジャンさんは言う。彼女は糸をたぐり寄せ、チャンスを掴んだ。留学やトヨタ助学金もその1本の糸だった。広い世界に繋がる糸だ。
 姜さんが仕送りを続ける弟の文樟さんは、北京の大学で観光を学んでいる。「教育は自分の運命を変えられる。将来は故郷に戻り、地元発展の手助けをしたい」と学ぶことの大切さを語ってくれた。彼も姉の影響で日本にも興味を持ちはじめたという。日本に留学できないか模索中だ。
 彼女に同行し、親戚の家を訪れた時、彼女は鞄一杯の贈り物を配った。服、たばこ、化粧品。一つ一つは些細なもの。だが、ジャンさんの鞄には優しさが詰まっていた。「お土産やお小遣いを渡し、仕送りをする家族や親族がいることは、プレッシャーであり、原動力でもあります。私はたくさんの援助を受けた。次は私の番。お世話になった人達に恩返しをしたい。」
 現在、彼女の夢は仕事を通して日中韓をつなぐ架け橋になること。日本語の勉強もはじめようとしている。広い世界に繋がる糸は、さらに彼女を強く導く。彼女もまたその糸から手を離そうとはしていない。

北京の大学で観光学を学ぶ弟の文樟さん。

親戚の家でお土産を手渡す姜さん。

sMiLES「挑戦する笑顔に出会いたい」

Vol.1
Vol.2
Vol.1
PLAY PLAY