風と友だちになる ~新型プリウスの空力性能開発

要旨
Toyota New Global Architecture(TNGA)を取り入れたプラットフォーム(P/F)の頭出し車両となる新型プリウスの空力性能開発にあたり,「もっといいクルマづくり」をさらに積極的に進めるため,実走行に近い空気の流れを精度高く再現できる最新の風洞・計測設備を導入し,先代からさらなる空力性能の進化を実現した.その結果,CD(空気抵抗係数)=0.24(トヨタ風洞値)となる世界トップレベルの性能を実現し,今後のトヨタ車をリードする圧倒的な燃費性能,40.8km/L(JC08モード)に貢献した.本稿では,新型プリウスの空力性能の進化について報告する.