市場走行データを活用した設計手法

要旨
本稿では,市場走行データを活用することで,人や環境の違いによって発生するバラツキの大きいデータを確率分布として扱い,複数の異なるパラメータの確率分布を使ってモデルを構築し,目標となる設計パラメータの確率分布を求めて最適設計を行う方法を,様々な製品化設計にて応用した例に基づいて紹介する.