鋳造アルミボディーの要求品質を確保するための寸法制御技術とCAE技術確立

要旨
もっといいクルマづくりのため,「燃費向上」,「衝突安全性能向上」,「車体剛性向上」が必要である.これらを実現すべく,軽量・高剛性を両立するアルミダイカスト製サスペンションタワーを開発した.製品の要求特性である機械的特性を達成するためには熱処理が必要となるが,焼入れ時に不均一冷却となり収縮差が発生するため大きく歪んで所定の寸法精度が得られないという問題がある.本稿では,機械的特性と寸法精度を両立するため冷却界面の現象を解明し,トヨタオリジナルのポイント冷却手法と独自CAEを開発することで,焼入れ時の寸法制御技術を確立した取組について紹介する.