硫化物固体電解質の粒子構造解析

要旨
環境車の普及に向けて,次世代蓄電池の実用化が求められている.全固体電池は,高安全性と高エネルギー密度を両立できる可能性があり,次世代蓄電池として注目されている.高性能な全固体電池の実現には高イオン伝導率を有する固体電解質が求められている.全固体電池用の硫化物固体電解質の性能を最大化するには,粒子内部の構造と特性との相関を解明し,粒子構造を制御する必要がある.しかしながら,硫化物固体電解質は結晶/ガラスが混在した複雑な状態と想定され,さらに化学的に不安定であることから,粒子の構造解析手法は未確立であった.本研究では,TEM(透過型電子顕微鏡)を用いた暗視野法により,硫化物固体電解質の構造を定量的に解析することに成功した.