日本で2014年度内に、水素ステーションの整備が予定されている地域*およびその周辺地域を中心に、販売を開始します。
米国・欧州では、2015年の夏頃の発売に向け準備を進めています。

*一般社団法人「次世代自動車振興センター」の燃料電池自動車用水素供給設備設置補助事業における、2013年度と2014年度1次・2次公募での交付決定がされている都道府県(2014年5月21日現在)。
埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、山梨県、愛知県、大阪府、兵庫県、山口県、福岡県。

FCV車両概要はこちら
ニュースリリースはこちら

  • 1

    燃料電池自動車とは

    水素と酸素を化学反応させて電気をつくる「燃料電池」を搭載し、モーターで走行するクルマです。ガソリンに代わる燃料である水素は、環境にやさしく、さまざまな原料からつくることができるエネルギー。
    また、車両の開発には、トヨタが培ってきたハイブリッド技術をコアテクノロジーとして応用しています。

    トヨタは、「サスティナブル・モビリティ」実現に向けての理想的なクルマとして、その早期普及を目指し、世界に先駆けて、2002年から「トヨタFCHV」を日米で限定販売するなど、燃料電池自動車の開発で確固たる実績をつくってきました。

  • マイナス30°C環境下での始動に成功 航続距離が830kmに延長(10・15モード)
    2

    実用化へ一歩近づいた「トヨタFCHV-adv」

    2008年に特定のユーザー向けに発売した「トヨタFCHV-adv」は、それまで課題だった1回の水素充填の航続距離を、約330km*から約830km*まで向上させました。さらに、マイナス30℃の寒冷地での低温始動走行も可能となり、実用上ほぼ支障の無い走行性能を達成しました。
    * 10・15モード(トヨタ測定値)

  • 3

    次世代燃料電池自動車「TOYOTA FCV CONCEPT」(第43回東京モーターショー2013 世界初出展)

    車名 TOYOTA FCV CONCEPT
    全長(mm) 4,870
    全幅(mm) 1,810
    全高(mm) 1,535
    ホイールベース(mm) 2,780
    乗車定員(人) 4

    セダンタイプの専用ボディに、小型・軽量化した自社開発の新型燃料電池(FCスタック)や70MPa*1 高圧水素タンク2本を、床下に配置した高効率パッケージです。

    *1 MPa:メガパスカル。圧力の単位

    エクステリアは、FCVならではの「空気を吸い水を生成する機能」とモーターによる「力強い走り」のイメージを具現化しました。フロントは、空気を吸い込む大型サイドラジエーターグリルを強調したデザインを採用しました。サイドは、空気から水への流れを豊かなドア断面で表し、リヤは、カタマラン(双胴船)をモチーフに水が流れるイメージを表現。また、充填リッドには水の波紋をモチーフにしたデザインを採用しました。

  • 4

    FCVの特徴

    環境性能と従来車性能の両立

  • 5

    EV・FCVの比較

    エネルギー密度が高い水素は、航続距離確保のためにタンクの容量を増やしてもEVほど極端なコスト増にはならないため、同じゼロエミッションであっても、一定距離以上はFCVの方がメリットが大きくなります。

  • 6

    FCシステム

    • FCシステムから加湿器を取り除くことで、信頼性の向上、小型・軽量化を実現しました。
    • 昇圧コンバーターを採用することでFCセル枚数の削減、モーター小型化を実現し、高効率のパッケージとなっています。
    • 航続距離は約700km(JC08モード トヨタ測定値)。また、水素充填は3分程度とガソリン車並みの短時間で満充填可能です。
    • 外部電源供給能力は、一般家庭の使用電力1週間分以上になります。*2

    *2 一般家庭の日常使用電力を約10kWhとした場合の試算

  • 7

    新型FCスタック

    新型FCスタック  出力密度2倍以上向上(TOYOTA FCHV-adv比) 出力密度 3.0kW/L 達成「世界トップレベル」 出力100kW以上 FCシステム小型化 シート下配置を実現
  • 8

    高圧水素タンク

    タンク貯蔵性能* 約20%向上(TOYOTA FCHV-adv比)*タンク質量あたりの水素の貯蔵量 5.7wt%達成 「世界トップレベル」 車両搭載本数 4本→2本 材料、製造工程の見直し 低コスト化を実現
  • お客様に納得いただける価格レベルでの提供を目指しています。

  • さまざまな製品、分野に展開されるトヨタグループでの幅広い取組み

    水素利用につきましては、FCVだけでなく、トヨタグループをあげて開発を推進しております。1つは、日野自動車とFCバスの開発をしており、2016年の市場導入を目指し、開発を加速しています。また、アイシン精機では、家庭用の燃料電池に取組み、発電効率46.5%という世界最高水準のものを、2012年4月から発売しています。豊田自動織機ではFCフォークリフトの開発を進めており、2012年12月から、トヨタ合成の北九州工場で実証試験を実施しております。

    水素ステーションの整備構想

    名称 とよたエコフルタウン 水素ステーション
    (愛知県豊田市)
    神の倉水素ステーション
    (愛知県名古屋市)
    海老名中央水素ステーション
    (神奈川県海老名市)
    原料 都市ガス LPG 圧縮水素
    特徴 ■直充填
    ■大容量充填対応
    ■ガソリンスタンド併設
    ■80MPa 級蓄圧器(CFRP 製)
    ■ガソリンスタンド併設
    ■80MPa 級蓄圧器(CFRP 製)
    充填圧 70/35MPa 70MPa 70MPa

技術情報