ハイブリッドシステムには、電気モーターとガソリンエンジン(またはディーゼルエンジン)を結合する方式により、いくつかの種類があります。


シリーズハイブリッドシステム

エンジンで充電しモーターで車輪を駆動

シリーズハイブリッドは、エンジン動力で発電した電力を使って、モーターで車輪を駆動するハイブリッド方式です。
基本的な構造は、モーター・エンジン・発電機・バッテリー・インバーターからなる構成です。小出力のエンジンを準定常的に運転して発電機を回し、モーターまで直列の関係で伝わっていくことから、“シリーズ・ハイブリッド”と呼ばれています。

ページの先頭へ

パラレルハイブリッドシステム

モーターとエンジンで車輪を駆動、モーターを使ってバッテリーを充電

パラレルハイブリッドは、モーターとエンジン2つの動力で車輪を駆動する方法です。基本的な構造は、モーター・エンジン・バッテリー・インバーター・変速機から成る構成です。
パラレルハイブリッドでは、バッテリーの電力でモーターを駆動します。モーターを発電機代わりに使うため、発電しながらのモーター走行はできません。
動力の流れが並列であることから、“パラレル・ハイブリッド”と呼ばれています。

ページの先頭へ

シリーズパラレルハイブリッドシステム

モーターとエンジンで車輪を駆動、発電機で発電し自分で充電することも可能

シリーズ・パラレル・ハイブリッドは、モーターとエンジン2つの動力で車輪を駆動すると共に、モーター走行をしながらの発電も可能とする方法です。
走行条件によって、モーターのみでの走行と、エンジンとモーターの両方を使った走行を切り替えることが可能です。また、発電機を搭載しているので、走りながらバッテリーを充電できます。
基本的な構造は、モーター・エンジン・バッテリー・発電機・動力分割機構・パワーコントロールユニット(インバーター・コンバーターから成る)構成です。エンジンの動力を動力分割機構で2分割し、一方は直接車輪を駆動し、もう一方は発電に使用して、モーターへの電力供給やバッテリーへの充電に使います。
低速から力を発揮するモーターと高速で力を発揮するエンジン、それぞれを理想的に制御することが可能であり、あらゆる条件下で効率的な走りを実現できます。