環境への取り組み

人・クルマ・交通環境の総合的な取り組み

トヨタは、渋滞や排出ガスなどクルマがもたらす環境問題の解決には、クルマ自体の改良やエコドライブの実践に加え、高度化する情報通信技術の活用や交通インフラの整備など、「人」「クルマ」「交通環境」が一体となった総合的な対応・取り組みが必要と考えています。
こうした考えのもと、『燃費の良いクルマ』の開発だけではなく、実際の交通流に応じたシミュレーションに基づき、「燃費の良い走り」「流れを良くする走り」の開発・提案、さらには「交通容量の拡大・適正化」に寄与する手段の提案などにより、 渋滞緩和や交通流を改善し、CO2排出量の低減・豊かな低炭素社会の実現を目指しています。

環境改善への取り組み

CO2 削減・豊かな低炭素社会の実現

インフラとの協調による交通流改善 実験協力:
中日本高速道路株式会社

ACCを活用した高速道路の交通流改善への取組み
(5分52秒)

動画を見る