低炭素交通システムの構築(豊田市実証実験)

低炭素かつ、円滑に移動できる都市交通システムを目指して

世界各地で都市化が進行する中、低炭素化とスムーズな人の移動を実現するため、クルマを社会システムに組み込んだ都市交通政策・システムのニーズが高まっています。
トヨタは生活者視点での低炭素なまちづくりを目指した豊田市実証実験においても市との連携の下、PHV・EV・FCV等の次世代自動車の導入、太陽光パネル付の充電スタンド設備の整備、パーソナルモビリティの歩道や市街地空間を想定した実験等を行いました。
さらに、交通手段そのものの低炭素化だけでなく、ITSを活用した渋滞解消とエコドライブの推進や、天気、道路、鉄道・バスなど交通機関の情報を集め、交通渋滞や渋滞状況を予測し、人にも環境にも優しい移動をサポートするシステムHa:mo(ハーモ Harmonious Mobility Network)の運用を開始しています。

低炭素交通システム全体の取組みイメージ

低炭素交通システム全体の取組みイメージ

スマートコミュニティーが創る持続可能なエネルギー社会

スマートコミュニティーが創る
持続可能なエネルギー社会
(6分30秒)

動画を見る

低炭素交通システム全体の取組みイメージ


Hamo(ハーモ)

都市交通システム
Ha:mo(ハーモ)

公共交通やカーシェアリングを最適に組み合わせることで、人や地球にやさしい移動を実現します。2012年10月から愛知県豊田市で実証実験を始めました。

詳しくはこちら