第20回 ITS世界会議東京2013

トヨタは、10月14日(月)から18日(金)まで、東京で開催される「第20回ITS*1世界会議東京2013」*2に出展する。
同会議は、日本の各地域での官民連携による取り組み、メガシティ東京ならではの実証実験の成果などを、“Open ITS to the Next”のテーマのもと、世界が注目する日本の技術力を発信する。

トヨタは、人とクルマと街がつながることで実現されるスマートモビリティ社会において、「協調型ITS」「次世代都市交通システム」「エネルギーマネジメント」「次世代テレマティクス」の4領域での取り組みを紹介する。
「協調型ITS」では、トヨタの究極の願いである交通事故ゼロの社会を目指す取り組みについて、また、「次世代都市交通システム」では、誰もが思いどおりに円滑に移動できる、ストレスフリーな交通社会構築に向けた取り組みを紹介する。さらに、「エネルギーマネジメント」では、街全体のエネルギー利用の最適化を行い、無理なく質の高いエコライフ実現に向けた取り組みについて、そして、「次世代テレマティクス」では、クルマがドライバーにとって頼もしいパートナーになる取り組みを紹介する。

なお、ITS世界会議は、欧州/アジア・太平洋/米州の順で毎年開催されている、ITSに関する最大規模の国際会議であり、トヨタは、第1回から同会議に積極的に参加し、ITS技術の研究成果を発表。各国・地域のITS関連団体(政府・研究機関・企業)が、セッション(論文)や展示会、ショーケースなどを通じ、最先端のITSの研究成果や製品を発表・展示する。日本での開催は、2004年開催の愛知県名古屋市以来9年ぶりとなる。

  • *1 ITS : Intelligent Transport Systems(高度道路交通システム)。最先端の情報通信技術の活用により、安全で快適、円滑な交通を目指し、人と道路とクルマを一体として構築するシステム
  • *2 第20回ITS世界会議東京2013
    閉会式:2013年10月14日(月)/東京国際フォーラム
    セッション&展示会:2013年10月15日(火)~18日(金)/東京ビッグサイト
    主催:「第20回ITS世界会議東京2013 日本組織委員会」

トヨタの出展概要

項 目 内 容
屋内展示
1.協調型ITS
既に日本国内でサービスが開始されたITSスポット*3、DSSS (Driving Safety Support System) *4 に加え、実証実験を続ける次世代サービス(右折時衝突防止支援、右折時歩行者見落とし防止支援、周辺車両認知支援等)について、具体的アプリを用いて紹介
高速道路における車車間通信等を利用した次世代の高度運転支援技術の紹介
2.次世代都市交通システム
人にも街にも社会にも優しく、最適な移動の実現を目指す交通サポートシステム「Ha:mo(ハーモ)」について、シェアリング車両とともに紹介
・トヨタ車体㈱製「コムス」
・ヤマハ発動機㈱製電動アシスト自転車「PAS」
・パーソナルモビリティのコンセプトカー「TOYOTA i-ROAD」
3.エネルギーマネジメント
低炭素社会システム構築に向けた豊田市実証プロジェクトについて、EDMS(Energy Data Management System)を利用したエネルギー分析*5 や、プリウスPHVの優れた環境性能と非常時の電力供給V2H等を映像で紹介
4.次世代テレマティクス
車両の位置や走行データなど、トヨタスマートセンターに収集された車両情報を自治体・企業向けサービスとして提供する「ビッグデータ交通情報サービス」やスマートフォン向けサービス「smart G-BOOK」を紹介
セッション 上記に関連し、エグゼクティブセッション(役員級)、スペシャルセッション(リーダー級)、テクニカルセッション(担当者級)合計16件に登壇
ショーケース 交通安全・渋滞解消への更なる取り組みをデモ
(S01)次世代DSSS(Driving Safety Support System)(I2V):
・センサ情報を用いた交差点での安全運転支援と、信号情報を活用したスムーズな交差点通過支援
(S02)通信利用型先進安全自動車(V2V・V2P):
・車車間、歩車間通信技術を活用した安全運転支援システム
(S03)高速道路サグ部の交通円滑化サービス(I2V・V2V):
・ITSスポットとACC(Adaptive Cruise Control)/C-ACC(Cooperative Adaptive Cruise Control)*6を用いた高速道路サグ部*7渋滞の緩和
(S04)ITSスポットサービス(I2V):
・安全、快適な運転を支援する世界初の協調ITSの実現
(S09)高速道路における高度運転支援技術:
・次世代の高度運転支援技術

注)上記S01-S04:官民合同、S09:トヨタ単独

  • *3 前方障害物情報の提供、合流支援情報の提供等
  • *4 信号見落とし防止支援等
  • *5 家、コンビニや学校などの地域、交通を情報で結び、電力の受給バランスを調整する、エネルギーの「地産地消」を目指すシステム
  • *6 先行車との車間距離の検知にミリ波レーダーを使用し追随走行するシステム/ACCに加えて、車車間通信を利用し、より精緻に車間距離を制御するシステム
  • *7 下り坂から上り坂にさしかかるすり鉢状の地形にある道路

その他参加・協力プログラム

「体験しよう!“自動運転に向けて”inお台場-世界のクルマが集合-」

世界の主要自動車会社が東京に集結し、高度運転支援・自動運転のデモンストレーションを実施。
トヨタは衝突回避デモを実施。

特別プログラム:10/15(火)-19(土)(別会場:青海西臨時駐車場K区画)

あいち/豊田 ITSサムライツアー

無線通信を使った安全運転支援システム(DSSS)、最新のITS技術と低炭素社会の融合を実現した「とよたエコフルタウン」、ITS技術を使って中部地域の道路情報を収集・提供する「統合道路管理情報センター」を見学。

ポストコングレスツアー:10/19(土)-20(日)