クルマづくりの革新に向けての取り組み クルマづくりの革新に向けての取り組み 「もっといいクルマ」を賢くつくるための新しい仕組み「TNGA」を導入し、さらなる商品力の向上を実現していきます。
カッコいいクルマ 地域最適化・差別化で個性あるクルマづくり 「走る」「曲がる」「止まる」基本性能を向上 基本部分は、いいものをつくり、賢く共用化

2011年3月にトヨタグローバルビジョンを発表して以降、「もっといいクルマ」づくりに向けて体制を改革してきました。
その新たな取り組みとして、大幅な商品力向上と原価低減を同時に達成するクルマづくりとして導入されたのがTNGA(トヨタ・ニュー・グローバル・アーキテクチャー)です。
具体的な取り組みとしては、これまで個別車種ごとに企画・開発をしてきましたが、TNGAではクルマの「走る・曲がる・止まる」に関わる基本部分の競争力を世界トップレベルにまで引き上げたうえで、複数の車種を同時に企画するグルーピング開発などにより、部品やユニットを賢く共用化します。
クルマづくりの設計思想(アーキテクチャー)に基づき、小型車から大型車までまたいだ共用化を進めることで生まれた開発余力を、お客様の好みに合わせた内外装や走りの味つけなど、地域ごとの最適化に重点的に投入し、「もっといいクルマ」づくりに結びつけていきます。

開発レポート
Parking

1日で灼熱と極寒を体験できます

広い地球上には私たちの想像を絶する環境が存在します。どんな環境でもクルマが性能を発揮できるよう、トヨタのエンジン試験場では世界中の極寒、酷暑の環境を作り出す施設でテストが行われています。

詳しくはこちら

Parking

広大な広さの試験場

衝突実験により実験に使われたクルマは壊れてしまいますが、
何度も何度も繰り返すことで、様々な状況に対する答えを導き出すことができます。

詳しくはこちら

Parking

世界の道を走るために

悪路試験は実際の道路を含めて一日900kmを走行、3人が交代で運転して車を走らせ続けます。
タイヤやその他強度に関する悪路試験は、一番厳しい(不利な)条件で実施しています。

詳しくはこちら