全ての運転ステージでの安全技術の連携で、大きな安心を目指す。

トヨタでは、「統合安全コンセプト」に基づき、安全な車両開発・技術開発を目指しています。 「統合安全コンセプト」とは、クルマに搭載された個々の安全技術やシステムを連携させ、より高次元な安全を追求しようというものです。将来的には道路インフラとの協調、自車以外のクルマからの情報活用も図り、「事故を起こさないクルマ」の実現を目指す安全技術・車両開発の考え方です。

「統合安全コンセプト」では、事故にいたる前後の運転シーンを分類。パーキング・予防安全・プリクラッシュセーフティ・衝突安全・救助の各運転ステージでドライバーを支援し、各システムをさらに連携させていくことでクルマを「より危険の少ない状態」に近づけていき、「事故を起こさないクルマ」の実現を 目指しています。

01. パーキング

 

超音波で障害物をお知らせ クリアランスソナー

バンパーのコーナー部に設置された超音波センサーが障害物との距離を検知して音や表示ランプで知らせてくれます。ステアリングの操作量(タイヤの切れ角)に応じて、クリアランスソナー表示灯とブザーで、障害物への接近目安を知らせてくれるステアリング感応式のタイプもあります。

車庫入れをサポート バックガイドモニター

車庫入れの時に、後方をカメラで写してモニター画面に表示します。ハンドル操作に連動したガイド線で、クルマのバックする位置をイメージしやすくすることで、駐車をスムーズに行うための装備です。

センサーで検出し自動ブレーキ インテリジェント クリアランスソナー(ICS)

インテリジェント クリアランスソナー(ICS)作動イメージ
後退時(前進時も同様の制御)

駐車場など、発進時において、クリアランスソナーが自車の進行方向に壁などの障害物を認識した場合、クリアランスソナーの警報機能に加え、状況に応じてエンジンやモーターの出力を制御、さらには自動的にブレーキをかける。万一のアクセル踏み間違い・踏み過ぎなどによる障害物との衝突を緩和し、被害の軽減に寄与。

急発進を抑制 ドライブスタートコントロール

ドライブスタートコントロール作動イメージ
▽駐車場などで後退した際、
 ① 思わぬ衝突等でアクセルが踏み込まれた状態のまま
 ② 慌てて「R」から「D」レンジにシフト変更をしてしまった場合

駐車場などでアクセルを踏んだまま「R」レンジから「D」レンジにシフト変更*するなど、通常とは異なるアクセルやシフト操作をした場合において、画面表 示などにてドライバーに注意を促すと同時に、エンジンやモーター出力を制御する。急発進・急加速を抑制し、被害軽減に寄与。

  • *その他、「D」レンジ→「R」レンジ、「N」レンジ→「R」レンジ、「P」レンジ→「D」レンジ、「P」レンジ→「R」レンジへのシフト変更も想定

駐車時のステアリング操作をサポート インテリジェントパーキングアシスト(IPA) ※ IPA:Intelligent Parking Assist

縦列駐車や車庫入れの際に、ステアリング操作をアシストするシステムです。
ドライバーがモニター上で目標駐車位置を設定。設定した位置に駐車するのに必要なステアリング操作をサポートします。
車庫入れが苦手なドライバーでもスムーズな車庫入れをアシストします。

02. 事故を未然に防ぐ「予防安全」

 

適切な車間距離を保つ レーダークルーズコントロール

あらかじめ設定した速度内で、適切な車間距離を保ちながら追従走行するシステムです。高速道路などでの長時間運転時の負荷の軽減に寄与します。全車速追従機能付きのタイプでは低速追従も可能で渋滞時の運転負荷の軽減にも寄与します。

車線逸脱による事故を未然に防止 レーンキーピングアシスト

NHTSAのデータによると、米国の自動車専用道路での交通事故死亡者の約37%は、クルマが道路から逸脱したことによるものです(図1)。 レーンキーピングアシストは、車線逸脱による事故を未然に防ぐために、走行中の車線からはみ出しそうなときは、警報ブザーなどによってドライバーに注意を与え、さらにレーダークルーズコントロール作動時には、ドライバーのステアリング操作をサポートすることで、車線に沿った走行を支援します。
(出展:NHTSA RDCW-Final-Report-Vol.1-June)

カーブに合わせて曲がる方向を照らしてくれる インテリジェントAFS

インテリジェントAFSは、夜道でカーブを曲がるとき、ステアリングの切れ角や車速を感知し、ヘッドランプのロービームの照射方向を曲がる方向に向けることで、視認性を確保します。

注意喚起で車線逸脱を防止 レーンディパーチャーアラート(LDA)

ドライバーの意図しない車線逸脱が起こりそうなとき、クルマが注意を促すシステムです。カメラで白線もしくは黄線と自車の位置を認識し、ウィンカー操作を行わずに走行車線を外れようとする場合には、警報とディスプレイ表示でドライバーに知らせます。

ハイビームとロービームを自動で切り替え、最適な夜間視界を確保 オートマチックハイビーム(AHB) ※ IPA:Intelligent active Assist

対向車のヘッドランプや先行車のテールランプなどの周囲の明るさをカメラで検知し、ハイビームとロービームを自動で切り替えることによって、最適な夜間視界の確保を支援。夜間歩行者の早期発見にも寄与します。

ハイビーム点灯
ハイビーム点灯(ロービームへ切り替え)

「走る・曲がる・止まる」を統合的にコントロールし走行安定性を確保する VDIM

VDIMは、車両の挙動を安定させる先進の車両運動制御技術です。高い予防安全性と、理想的な操縦性・走行安定性を、高次元で両立します。

03. プリクラッシュセーフティ

 

衝突の危険を知らせる 警報+ディスプレイ表示

衝突の危険がある場合はいち早くドライバーに警報やディスプレイ表示で警告し、衝突回避の操作を促します。

ブレーキを踏む力を強力にアシスト プリクラッシュブレーキアシスト (PBA)

クルマがブレーキを踏む力を強力にアシストし、衝突回避を支援もしくは被害の軽減を支援します。

クルマが自らブレーキ プリクラッシュブレーキ

衝突が避けられないと判断したときはクルマが自らブレーキをかけ、衝突回避を支援もしくは被害の軽減を支援します。

04. 事故の被害を軽減する「衝突安全」

 

トヨタ独自の安全性評価 GOA : Global Outstanding Assessment

クラス世界トップレベルを目指しているトヨタ独自の安全性評価「GOA」。このトヨタの衝突安全性能目標は、世界各国の法規の基準や、これより厳しい安全情報提供のための第三者評価も参考にしつつ、実際の市場での事故を反映した独自の厳しい社内目標です。
トヨタは1995年からこの思想で作り続け、トップレベルを維持するために、性能目標をつねに進化させています。
衝突安全においては、この「GOA」の考え方をもとに、多様な事故における実安全性を高めています。

衝突時のダメージを軽減 衝突安全ボディ構造

衝突事故の際、乗員の傷害低減には、ドアや車外物などのキャビンへの侵入を抑えることと衝撃を吸収することが有効です。事故データによると、ドアや車外物などの侵入量がある値より大きくなると急に重傷率が高くなっています。トヨタの衝撃吸収ボディと高強度キャビンからなる衝突安全ボディは、衝突時における乗員の客室空間確保と乗員の傷害低減を図っています。

衝突時に身体をしっかり拘束 シートベルト

普段は快適に、衝突時にはしっかり拘束します。
限られた客室スペースの中で、効果的に乗員の動きをコントロールし、乗員の胸部への衝撃を緩和します。

シートベルトを補完し、安全性を確保 SRSエアバッグ

エアバッグはシートベルトの補助として、衝突時の乗員安全性を確保するものです。1989年に運転席エアバッグ、続いて助手席エアバッグ(1992年)、サイドエアバッグ(1996年)、カーテンシールドエアバッグ(1998年)、ニーエアバッグ(2002年)を採用するなど、各種エアバッグを開発・採用しています。

むち打ち傷害の軽減を図る WILコンセプトシート ※WIL(Whiplash Injury Lessening:頸部傷害低減)

日本での自動車乗車中の交通事故負傷者の約53%は後面衝突事故によるもので、そのうち約90%はむち打ちを含む頸部の傷害を負っています。 WIL(Whiplash Injury Lessening:頸部傷害低減)コンセプトに基づいて開発されたシートは、後面衝突事故時に乗員の頭部と背中を同時に受け止め、頸部への衝撃を緩和し、むち打ち傷害軽減を図っています。

歩行者との衝突時に衝撃を緩和 ポップアップフード

歩行者との衝突時、フード後方を瞬時に持ち上げて衝撃を緩和するポップアップフード。フードの高さが低くフード下の空間が十分に確保できない車種 に対しても、フード後方を持ち上げ、フード下の空間を広げて歩行者頭部の傷害軽減に寄与。歩行者との衝突を感知するためバンパー前面全域に配置された圧力 センサーシステムを採用することで衝突位置によらない安定した感知が可能なうえ、歩行者か否かの高度な判別性能も確保。

05. 救助

 

人命救助につなげる ヘルプネット

緊急事態発生後、エアバッグ作動と同時にクルマの位置情報が自動的にヘルプネットセンターに発信されます。センターの オペレーターは受信した緊急情報に加え、乗員との音声通話により状況を把握するとともに、自動的に検索される所轄の緊急機関(警察・消防)に回線を接続す るため、通報時間を大幅に短縮することが可能となりました。
また通報時間の短縮は、交通事故死者数の低減や傷害程度の軽減に寄与するとともに、二次災害の防止や渋滞の緩和を図っています。(トヨタはG-BOOK mX、レクサスG-Linkにヘルプネットを標準搭載しています。)

レスキュー時の取扱い

トヨタ/レクサス車両をレスキュー作業する際の注意事項を記載しています。安全に作業していただくために、本書をよくお読みいただき、トヨタ/レクサス車両の構造/作動を理解いただいた上で作業を行ってください。

「統合安全コンセプト」に基づいて交通事故死傷者ゼロの実現を
目指しています。

↑