緊急事態発生後、エアバッグ作動と同時にクルマの位置情報が自動的にヘルプネットセンターに発信されます。
センターの オペレーターは受信した緊急情報に加え、乗員との音声通話により状況を把握するとともに、自動的に検索される所轄の緊急機関(警察・消防)に回線を接続す るため、通報時間を大幅に短縮することが可能となりました。
また通報時間の短縮は、交通事故死者数の低減や傷害程度の軽減に寄与するとともに、二次災害の防止や渋滞の緩和を図っています。(トヨタはG-BOOK mX、レクサスG-Linkにヘルプネットを標準搭載しています。)

レスキュー時の取扱い

トヨタ/レクサス車両をレスキュー作業する際の注意事項を記載しています。
安全に作業していただくために、本書をよくお読みいただき、トヨタ/レクサス車両の構造/作動を理解いただいた上で作業を行ってください。