「実安全の追求」に基づく、追突の回避を支援するシステムです。
  • 1

    作動イメージ

    事前に衝突を検知し、衝突に備えることによって被害を軽減するシステム。衝突の可能性があると判断したとき、警報を発してブレーキ操作を促します。
    また、衝突を避けられないと判断したときプリクラッシュブレーキなどが作動し、衝突被害を軽減するように働きかけます。

  • 2

    衝突の可能性を検知、警報を作動

    先行車と追突の危険がある場合、ミリ波レーダーにより先行車を素早く検知、警報とディスプレイ表示によりドライバーに危険を知らせ、ブレーキ操作を促します。

  • 3

    プリクラッシュブレーキアシスト

    警報を聞いて、ドライバーがブレーキを踏めた場合でも、ブレーキを踏む力が弱いケースがあります。プリクラッシュブレーキアシストは、その様な場合、ブレーキを踏む力を強力にアシストします。

  • 4

    プリクラッシュブレーキ

    衝突が避けられないと判断したときは、自動ブレーキが作動、衝突の回避、もしくは衝突の被害を軽減します。

テクノロジーファイル:プリクラッシュセーフティ

トヨタの安全技術の詳細をご覧ください。

詳しくはこちら