• 事前に衝突を検知し、衝突に備えることによって被害の軽減を支援するシステムです。衝突の可能性があると判断したとき、警報を発してブレーキ操作を促します。 また、衝突を避けられないと判断したときプリクラッシュブレーキなどが作動し、衝突被害を軽減するように働きかけます。
  • 衝突の危険を見つける

    カメラやレーダーなどのセンサーにより、前方に衝突の危険がないかを監視します。

    詳しくはこちら

  • 衝突の危険を知らせる

    衝突の危険がある場合はいち早くドライバーに警報やディスプレイ表示で警告し、衝突回避の操作を促します。

    詳しくはこちら

  • ブレーキを踏んでも、踏む力が弱い場合

    クルマがブレーキを踏む力を強力にアシストし、衝突回避を支援もしくは被害の軽減を支援します。

    詳しくはこちら

  • 万が一ブレーキ操作がない場合

    衝突が避けられないと判断したときはクルマが自らブレーキをかけ、衝突回避を支援もしくは被害の軽減を支援します。

    詳しくはこちら

  • 単眼カメラ+レーザーレーダー
    動画を見る
    (1:20)

    単眼カメラ+ミリ波レーダー
    動画を見る
    (1:20)

  • ミリ波レーダーで検知した情報にカメラによる認識情報を加えることで、先行車だけでなく歩行者まで検出。 また、ヘッドランプに近赤外線投光器を内蔵するタイプでは、近赤外光を投射することにより、夜間のカメラの検出を可能にします。
  • 歩行者対応プリクラッシュセーフティ
    動画を見る
    (0:40)

テクノロジーファイル:プリクラッシュセーフティ

トヨタの安全技術の詳細をご覧ください。

詳しくはこちら