カーブや急ハンドル時に横滑りを抑える

車両安定制御システム(VSC)

※VSC:Vehicle Stability Control

VSCは、カーブを曲がる時に起こりやすい横滑りを抑え、クルマを安定させるシステムです。
米国運輸省道路交通安全局「NHTSA」のレポートによると、VSC装着車は非装着車に比べ、単独事故が乗用車で35%、SUVで67%低減する効果があるといわれています。

車両の横滑りをセンサーが検知すると、4輪個々のブレーキの力とエンジンの出力を自動的に制御し、車両の安定性を確保します。
例えば、オーバースピードでステアリングを切っても曲がらない場合(アンダーステア)では、クルマをカーブの内側に向けるように制御します。
また、急激なステアリング操作でクルマがスピン(オーバーステア)し始めると、クルマを外側に向けるように制御します。

VSCはドライバーを支援するための装備であり、ドライバーがどんなステアリング操作をしても必ず横滑りを防止してくれるものではありません。また、タイヤの性能を超えたブレーキ性能を発揮することはできません。

movie

/jpn/tech/safety/technology/technology_file/