衝撃吸収ボディと高強度キャビンの両立

衝突事故の際、乗員の傷害低減には、ドアや車外物などのキャビンへの侵入を抑えることと衝撃を吸収することが有効です。
事故データによると、ドアや車外物などの侵入量がある値より大きくなると急に重傷率が高くなっています。
トヨタの衝撃吸収ボディと高強度キャビンからなる衝突安全ボディは、衝突時における乗員の客室空間確保と乗員の傷害低減を図っています。

衝撃吸収ボディと、強固なキャビンで乗員を保護

衝突時に、キャビンの客室空間を確保しつつ、乗員が受ける衝撃を低減するために、車体の前後の緩衝部分は効率よく衝撃を吸収し、客室部分では強く変形しにくいボディ構造を採用しています。
一方、車体の緩衝スペースがほとんどない側面衝突においては、センターピラー、フロアクロスメンバーなどの高強度のボディ骨格系により少ない変形で衝撃を吸収し、乗員の傷害を低減します。

/jpn/tech/safety/technology/technology_file/