乗員保護 : 前から衝突された場合

前面衝突の際には、ボディ前部のクラッシャブルゾーンが、衝撃を効果的に吸収し、荷重を分散します。同時にシートベルトが乗員をシートに拘束します。また激しい衝突時には、シートベルトの拘束に加えて、エアバッグが開き、頭部や胸部への衝撃を緩和します。

(1)ボディ構造

ボディ前部が衝突時の衝撃を吸収し、荷重を分散するとともに、高強度キャビンにより客室空間を確保し、被害を低減します。


衝撃吸収・荷重分散構造例

(2)拘束装置

シートベルト

プリテンショナー&フォースリミッター機構付シートベルトが衝突時の乗員胸部の移動を抑えながら、ベルトが胸部に与える衝撃を緩和し、乗員保護性能を高めます。


SRSエアバッグ

激しい衝突時には、SRSエアバッグが素早く開いて、衝突の衝撃を緩和します。

※黒字が前面衝突時に作動するエアバッグ。名称をクリックすると詳細をご覧いただけます。
エアバッグの名称と位置

エアバッグが作動する条件(前面衝突の場合) 運転席SRSエアバッグ 助手席SRSエアバッグ 運転席SRSニーエアバッグ SRSサイドエアバッグ(前後席) SRSカーテンシールドエアバッグ(前後席) SRSリヤウインドウカーテンシールドエアバッグ SRS後席センターエアバッグ SRSシートクッションエアバッグ 助手席SRSニーエアバッグ 助手席SRSツインチャンバーエアバッグ

シートベルトとSRSエアバッグの相乗効果

チャイルドシートの安全性についてPDF

(PDF:2.9MB / 全3ページ)

 
/jpn/tech/safety/technology/technology_file/