拘束装置 : シートベルト

プリテンショナー&フォースリミッター機構付シートベルト

普段は快適に、衝突時にはしっかり拘束します。
限られた客室スペースの中で、効果的に乗員の動きをコントロールし、乗員の胸部への衝撃を緩和します。
プリテンショナー機構は全面衝突時に前面衝突時に強い衝撃を感知すると、瞬時にシートベルトを巻き取る装置で早期に乗員を拘束します。
フォースリミッター機構はシートベルトに一定以上の荷重がかからないようにする装置で、胸部に加わる力を低減します。
両装置の作用で、衝突時の乗員胸部の移動量を抑えながら、ベルトが胸部に与える衝撃を緩和します。

おクルマを安心・安全・快適にお使いいただくために

SRSエアバッグが開いた自動車事故の死亡率

豆知識

シートベルトはどのくらい丈夫なの?

シートベルトは人間では支えきれないほど大きな体重まで支えることができます。シートベルト1本で2t以上、普通乗用車1台を支えることのできる丈夫さです。

ランプと音で注意を促す「シートベルト非着用警告灯+リマインダー」

さまざまな衝突安全技術・装備は、シートベルトを確実に装着していなければ十分な効果を発揮しません。 トヨタでは、既存のウォーニングランプに加えて、ブザーを組み合わせたシートベルト非着用警告灯+リマインダーを採用し、シートベルトの確実な装着を促しています。


シートベルト非着用警告灯+リマインダー(運転席&助手席)

movie

/jpn/tech/safety/technology/technology_file/