運転席SRSニーエアバッグ・助手席SRSニーエアバッグ

運転席SRSエアバッグ・助手席SRSエアバッグの作動と同時に展開し、シートベルトが身体を拘束する働きと合わせ、乗員の頭や胸などの上体、および膝などの下肢に作用する衝撃力を分散・緩和させ、傷害を軽減します。