拘束装置 : WILコンセプトシート

※WIL(Whiplash Injury Lessening:頸部傷害低減)

むち打ち傷害の軽減を図る「WILコンセプトシート」

日本での自動車乗車中の交通事故負傷者の約53%は後面衝突事故によるもので、そのうち約90%はむち打ちを含む頸部の傷害を負っています。

WIL(Whiplash Injury Lessening:頸部傷害低減)コンセプトに基づいて開発されたシートは、後面衝突事故時に乗員の頭部と背中を同時に受け止め、頸部への衝撃を緩和し、むち打ち傷害軽減を図っています。

負傷事故の内訳

後面衝突事故による傷害部位の割合


むち打ちは、後面衝突の衝撃で、胴体と頭が別々に動くことによって起こります。
トヨタはWILコンセプトシートの設計に当たり、衝撃を受けたときにシートバックとヘッドレストが乗員の胴体と頭を同時に受け止めることが重要であると考え、ヘッドレストやシートバックフレームの配置を見直すとともに、シートフレームの剛性を上げました。
また開発に際しては、THUMSを用いることで、WILコンセプトシートの後面衝突事故による頸部傷害リスク低減効果を高め、進化させています。

WILコンセプトシートが頸部への衝撃を緩和

  • ① 追突された際、背中がシートに沈み込む。
  • ② 頭部と背中を同時に拘束し、むち打ち傷害を低減。
/jpn/tech/safety/technology/technology_file/