モビリタとは
モビリタとは
施設案内

トヨタ交通安全センター「モビリタ」とは

交通事故のない社会を実現する為に、トヨタはクルマの安全技術開発・実用化に積極的に取り組むとともに、クルマを実際に運転する「人」に向けた交通安全活動に力を入れて参りました。トヨタ交通安全センター モビリタは、ドライバーのみならず交通社会を構成する全ての方々の安全意識向上に寄与する目的で、2005年4月、富士スピードウェイ内にオープンいたしました。この施設には、3つのレクチャールーム、ラウンジやテラスを備えたコミュニケーションセンターに加え、国内最大級の10万m2のフラットコース、35度バンクや低ミュー路をもつ専用コースなど、教室での講義だけでなく、多様な安全運転実技講習を実施する為の設備を備えております。そしてここでは、1987年から継続的に実施してきたドライバー向けの安全運転講習会「トヨタ ドライバーコミュニケーション」や幼児向けの交通安全教室、交通安全に携わる人材の育成・指導など、それぞれの対象・ニーズに合わせた様々なプログラムを展開します。

今後もトヨタはモビリタを交通安全活動の拠点として、様々な安全プログラムの開発を行い、質・量ともにより一層充実した交通安全活動を展開し、「交通事故死傷者ゼロ」の実現に貢献して参ります。

施設案内へ

Facility complete view

  • フラットコース
  • ワインディング低ミュー路
  • 直線低ミュー路
  • 周回路
  • 35度バンク
  • 講習車両
  • コース内管制塔
  • コミュニケーションセンター
  • 車両保管庫
  • フラットコース

    約10万m2の広大なフラットコースは、限界を越えたクルマの動きを安全に体験するスペース。ブレーキや危険回避など、メニューに合わせて様々なコースを設定します。

    コースイメージ
    コース画像1
  • ワインディング低ミュー路

    1周約500m²の滑りやすいコースを周回して運転操作を練習。さらに、走行中、目の前に障害物に見立てた噴水が出現。とっさの場合でも衝突を回避できるように。回避後にスピンしないようにトレーニングします。

    コースイメージ
    コース画像1
  • 直線低ミュー路

    75mの直線低ミュー路は、雪道を想定した、とても滑りやすい路面です。急ブレーキによるスリップとハンドル操作を体験し、ABSの効果と限界を確認します。

    コースイメージ
    コース画像1
  • 周回路

    35度バンクを備えた周回路は、1周約1,150m。高速走行や高速域までの加速などに使用します。

    コースイメージ
    コース画像1
  • 35度バンク

    バンクの途中にクルマを停め、カーブで遠心力が働いている状態を再現し、コーナリング中の運転姿勢を確認。また、横転時のドアの重さなどを体験します。

    コースイメージ
    コース画像1
  • 講習車両

    講習には、トヨタの先進的な安全装備を搭載したクルマを使用。安全装備の正しい使い方や効果を体験していただきます。

    コースイメージ
    コース画像1
  • コース内管制塔

    講習中の安全を確保するため、各車の動きを監視して必要な指示を送ったり、障害物に見立てた噴水を操作するなど、コースの司令塔として機能します。

    コースイメージ
    コース画像1
  • コミュニケーションセンター

    コミュニケーションセンターは、モビリタのベースキャンプ。オリエンテーションなどを行うミーティングルームのほか、キッズコーナーやラウンジ、テラスなど、くつろげるスペースも充実しています。

    コースイメージ
    コース画像1
  • 車両保管庫

    約18台収容の保管庫が2棟あります。大切なクルマを大事に保管しています。

    コースイメージ
    コース画像1
◀ back

サイトマップ リンク 個人情報の取り扱いについて
(C) TOYOTA MOTOR CORPORATION. All Rights Reserved.