安全のススメ

 Vol.10 「行動変更時に気をつけましょう」
 06/23
皆さん、こんにちは。テレビで観るドイツは晴天続きですが、日本は、梅雨。雨が多い毎日、運転はいかがですか?今回は、安全運転のポイントについて、神野さんにお話をうかがいます。
「皆さん、こんにちは。神野です。これまで、何回かに分けて、モビリタで行っているトレーニングを中心に、安全運転についてお話させていただきました。『あいさつ』から始まって、基本の見直し、限界、やさしい運転と、いろいろありましたが、どれが大事で、どこがポイントということはありません。安全運転には、全部、大事です。」
えっ。全部、ですか?
「そう。全部です。でも、それは、そんなに特別なことじゃありません。皆さん、普段の運転で、いつも行っていると思います。ただ、なんとなく運転しているのとしっかり意識を持って運転しているのとでは違いがありますね。」


●始業点検
「たとえば、始業点検は、クルマの健康管理です。いつも気をつけていれば、小さな変化にも気がつきます。そうすれば、大きな故障になる前に直すことができるかもしれません。タイヤの空気圧、磨耗には注意しましょう。」


●死角
「クルマには、見えないところ、死角があります。いつもは見えているつもりで走っていても、実は、見えないところがあることを忘れないでください。そして、死角の部分を、直接、目で見て確認してください。」

死角の確認
運転席からパイロンが全部見えなくなる

●運転姿勢
「スポーツでも何でもそうだと思いますが、姿勢は基本中の基本です。運転も同じです。どんなときでも、余裕を持って操作できるように、腰の位置、膝と肘の角度に注意して、シートを調整しましょう。」

正しい運転姿勢
プロの運転姿勢。肘と膝のゆとりに注目

●慣熟走行
「また、水泳とか、スポーツの前に、ウォーミングアップすると思います。同じように、自宅からクルマで出かけるとき、高速道路に入ったとき、初めての道を走るときなどに、ウォーミングアップしましょう。」

慣熟走行
運転にもウォーミングアップを忘れずに

サイトマップ リンク 個人情報の取り扱いについて
(C) TOYOTA MOTOR CORPORATION. All Rights Reserved.