安全のススメ

 Vol.15 「AT車のパニック事故」
 2/23 
皆さん、こんにちは。記録的にあたたかい冬。安全運転してますか?今回は「普通では、ちょっと考えにくいけれど、実際には、あるんだよね。」という、AT車の事故に迫りたいと思います。
「皆さん、こんにちは。神野です。
確かに、ふだんは考えられないような事故が、実際は起こってますからね。
いっしょに考えてみましょう。

今、ご覧のあなたも「そんなのカンケイないよ」と思わずに、一生に1回でもあったら大変なことですので、ぜひ、いっしょにお考えください。
よろしくお願いします。」
では、さっそく、AT車特有の事故ですが。

コンビニの駐車場で停車していたクルマが、急発進するように後退。そのまま店内に突っ込み、棚などを押し倒しながら走り、ようやく停止した。

デパートの立体駐車場で、駐車スペースに前から入ろうとしたクルマが突然加速。そのまま車止めを乗り越え後、壁を突き破り路上に落下した。

と、起こったことだけみると、ちょっと考えられないですよね。
「そう。でも、実際に起こった事故なんです。
どうして、こんな事故が起こったんだと思いますか?」
うっかりしていた、まちがえた、びっくりした、あせった。
とか、いろいろあると思うんですが、
通常の感覚ではなかったような気がしますが・・・。
「そう。運転していた人は、おそらく、びっくりしたり、恐怖を感じたりして、パニックに陥ったんでしょうね。では、何におどろいたんでしょうね。クルマのなかで何が起こっていたのか?ドライバーは、どういう状態だったのか?
ちょっと考えてみましょう。」
はい。さっきの例。
コンビニの店内に突入した場合はどうなんでしょう?
「あくまで、想像ですが、こんな場面が考えられます。
ギヤを入れて前進するつもりで、アクセルをそっと踏む。
ところが、クルマが動かない。ドライバーは、そこで、不審に思うわけですね。

そして、アクセルを、さらに深く踏む。
そのとたん!クルマが急にバックして、車止めを乗り越える。
予期しなかったクルマの動きに、ドライバーは、おどろいてパニックに陥ります。
その結果、ブレーキを踏むどころか、アクセルを踏み込んだ右足を戻せない。」
なるほど。それ、ありますね。ギヤの入れまちがいですね。
「そうです。この場合、大きなポイントは、ふたつあると思うんです。」

全国によくあるコンビニの駐車場



駐車場からコンビニに突っ込む事故



アクセルを強く踏むと
案外カンタンに車止めを乗り越える



乗り越えたとたん、急加速!

サイトマップ リンク 個人情報の取り扱いについて
(C) TOYOTA MOTOR CORPORATION. All Rights Reserved.