安全のススメ

 Vol.31 「雨の日はライトオン。」
 6/24
6月1日から道交法が変わりました。後席のシートベルト着用、いかがですか。忘れたりしていませんか。今回は、雨の日の安全について、皆さんといっしょに考えてみたいと思います。
「皆さん、こんにちは。神野です。
今年は梅雨入り前から雨が多かったですね。
東京などは記録的に雨の日が多かったそうです。
そうした雨の日は、人、クルマ、道路。まわりがガラリと変わります。
どんなところに気をつけるべきか、皆さんといっしょに考えていきたいと思います。

早速ですが、晴れの日と雨の日。どんな変化に気がつきますか?」
はい。路面が濡れてスリップしやすくなります。
「そう。確かに、雨の日は滑りやすくなります。
特に、スピードが出ている高速道路ではそうですね。
雨の日の運転
あなたはどんなことが気になりますか?
一般路では、路面のペイント部分、工事中の鉄板、水たまりなどには注意が必要です。

そこで、気になるのがタイヤですね。
梅雨時はタイヤのミゾはまだ十分あるか、空気圧が大丈夫か等をチェックする、
いい時期なのかもわかりませんね。」
※安全のススメVol.2「安全チェックは、クルマの健康チェック。」もごらんください。
「ほかには何か気づくことはありませんか?」
はい。まわりの変化もありますが、自分の変化も大きいと思います。
「たとえば、どんなところが変わりますか?」
やっぱり雨は、あまり好きになれなくて(笑)、
うっとうしく感じたり。渋滞が多くなってイライラしたり。
運転しているときの気持ちが変わっているような気がします。
「なるほど。いいところに気がつきました。
環境が変わると、そのなかにいる自分も変わってきますね。
運転中、急いだり、焦ったり、雨の影響で気持ちが変わることも多いかもわからないですね。

それに自分が変わるということは、まわりの人はどうでしょう。
傘をさして歩いている人やクルマに乗っている人。急いでいたり、焦っている人がいるかもしれません。
雨の日は、特にまわりに敏感になって、キケンに近づかないようにするのがいいですね。」
サイトマップ リンク 個人情報の取り扱いについて
(C) TOYOTA MOTOR CORPORATION. All Rights Reserved.