安全のススメ

 Vol.31 「雨の日はライトオン。」
 6/24
そうですね。雨の日は、まわりが見えにくいですから、特に敏感にならないといけないですね。
「そう。今、いいことを言いました。その通りなんです。雨の日は、まわりが見えにくくなるんです。」
あ!そうですね。視界が変わりますね。
「そうです。たとえば、高速道路。雨の日は、ライトを点けて走っているクルマが多いですね。
たまに、ライトを点けてないクルマが後ろから来たりしますが、どうですか?見えにくくはないですか。」
左からライトを点けてないクルマ、スモールライトだけを点けているクルマ、右がライトを点けているクルマ。
確かに、そうですね。
「雨の日、自分からは見えていても、相手からは見えていないかもしれない。
だから、ライトは点けたほうがいいですね。

皆さんも、次の画像を見てください。」
左の画像を拡大したものが、右の画像。
黄色のトラックの横、追い越し車線にライトを点けてないクルマがうっすら見える
「追い越し車線。ライトを点けたクルマが近づいてきます。
その後方にもライトが見えていますが、ずいぶん距離があるようです。

でも、よーく見るとどうですか?」
あ!ライトを点けたクルマのすぐ後ろに1台走っていますね。
「はい。やはり、ライトを点けてないクルマは見えにくい。
自分を守るためにも、まわりを走っているクルマのためにも、
ライトは点けたほうがいいですね。」
なるほど。神野さん。これは、クルマのあいさつですね。
「はい。まわりとのコミュニケーションを考えると、
運転の基本的な部分なのかもしれないですね。
高速道路に限らず、雨の日のクルマが、まわりのことを意識して
ライトを点けてくれると、道路を使うみんなのためになると思います。」
雨の日、ライトを点けたほうが
安全なのは一般路でも同じ
なるほど。
「たとえば、雨の日、オートバイに乗ったことがある人はわかっていると思いますが、
ヘルメットのシールドに水滴がついて、かなり見えにくくなります。
道路を横断している人も、傘で視界が遮られますね。

運転していると、いろんな状況で、いろんな人に出会います。
相手の身になって考えてみると、遠くからでもクルマが目に入るように、
ライトを点けたほうがいいと気づくんじゃないでしょうか。

雨の日には、ライトを点けることに限らず、まわりが動きやすいようにするとか、道をゆずって、
お互いが気持ちいい瞬間をいっぱいつくるとか、人の役に立つチャンスがいっぱいありますね。」
サイトマップ リンク 個人情報の取り扱いについて
(C) TOYOTA MOTOR CORPORATION. All Rights Reserved.