モビ・レポ!モビリタを体験したゲストが語る安全の話 フリーライター 續素美代さん 續素美代さん
續素美代(つづき すみよ) プロフィール
職業:フリーライター、極地旅行家
主な経歴:1998年5月、エベレスト登頂成功。日本人女性3人目。中国側からの登頂は日本人女性初。2008年1月、日本人女性で初の南極点到達。執筆活動のほか、自分の極地体験を伝える講演活動も行っている。
翻訳書:『夢をあきらめないで-カレンと自然と車椅子と』
趣味:読書、散歩
尊敬する人:フリチョフ・ナンセン
續素美代さん
1.「極地旅行家」のリスクと安全 2.モビリタ体験を通して 3.経験の大切さ
「私、恐がりなんです」と續素美代さんは言う。その言葉を裏付けるように、モビリタの高速ブレーキング講習では最初、フルブレーキングがうまくできなかった。「心配性だから早く踏みたくなってしまいました」世界最高峰のエベレスト(8848m)登頂を成功させ、日本人女性では初めて南極点に到達する偉業を成し遂げた續さん。その経験から、安全への意識は極めて高いように見受けられる。極地へ果敢に挑み続けてきた彼女は、「危険」や「安全」をどのように捉えているのだろうか。

photo「極地旅行家」の始まり
續素美代さんは、自分のことを登山家でも冒険家でもない、「極地旅行家」だという。大学時代、遊びに行ったフランスからの帰国便でドイツ人クライマーの男性と隣り合わせになったことが、續さんが極地旅行家としての人生を歩み始める最初の、そして運命の出会いとなった。
「英語がうまくなりたくて、ひたすら相づちを打って話を引き出して。それまで山に興味を持ったことがなかったし、話を聞いて山に登ろうと思ったわけでもなかった」
帰国後、そのクライマーに誘われてドイツのエベレスト登山隊へ同行。タダで行けるならいいか、と軽い気持ちでチベット側のエベレストベースキャンプへ赴いた。そこでは体調や天候など思いのほか調子がよく、なりゆきで登山にも参加することになった。その人生初の体験で、なんと7000mまで到達してしまう。その後はドイツへ留まり山岳の映画撮影を手伝ったり、山岳コーディネーターとしての活動を始めた。
その後もヒマラヤやカラコルム山脈などをトレッキングする中で、高所に慣れた身体ができあがっていき、1992年に世界第6位の山であるチョ・オユー(8201m)に無酸素登頂成功。1996年にネパール側からエベレストへの登頂を試みるも咳で肋骨を骨折、安全を鑑みて断念。翌年の挑戦も失敗に終わったが、その翌年である1998年、ついに念願のエベレスト山頂へと立つことができたのだった。
photo”安全の橋”をつないで生きて行く
そんな續さんが本格的に車を運転したのは、ドイツでのこと。18歳になると同時に日本で自動車免許を取得していたが、日本と逆の右通行・左ハンドル、さらに右手でギアを操作することに面食らい、最初は生きた心地もしなかったという。
「でもね、ドイツの『速度の遅い車が後方に気を配り、速い車に進路を譲る』という、基本的かつ厳格なルールのおかげで運転しやすかった。速度無制限と言われるアウトバーンも、追い越し車線は『スピードを出す人優先』と頭に叩き込まれているから、日本のように速度の遅い車がうっかり入ることもありません。交通をスムーズにする決まりを作り、ドライバーたちがルールを遵守することが安全につながってるんですよね」
運転をし始めてからは人に車を借りる機会がとても多く、多種多様な車との付き合いがあった。オフロードを走るのはざらで、チベットでは車での川越えも体験。ドイツのアウトバーンでスピードを出すのは決して嫌いではなかったが、現在はスピードの出し過ぎを控え、慎重に運転するようになっている。
「若い頃は、知らぬ間に『危険』領域に足を踏み入れていたりするでしょう。私もかつてはそうで、ついついスピードを出しすぎてしまっていました。これは危険だ、やめようという分別を付けられるようになったのは、30歳を過ぎてからかな」
photo それは、登山を始めてしばらくした、国外の山々を登り続けていた時期だった。降雪量が多く、通常ならば登山のタイミングには適さない夏のヒマラヤに足を踏み入れた續さんは、下山ルートのすぐ上の斜面で雪崩が発生するのを目撃した。このままでは巻き込まれる。とにかく走って走って走りまくった。こんなところに来るのはもう二度とごめんだ、そう思うくらい恐ろしく苦しい思いをした。
山登りは、生死にかかわるリスクと切り離すことができない。續さんも身近な方が亡くなったり、山で亡がらを発見したりといった経験を持つ。また同様のケースを数多く見聞きしたりもした。
「そのたびに、自分がどれくらい”安全の橋”をつないで生きて行くつもりなのか、と考えるんです。極地でリスクをとっているのだったら、ほかのことで無茶なことをしない。そう、自分で自分に言い聞かせるようになりました」
NEXT モビリタ体験を通して
モビ・レポTOP
サイトマップ リンク 個人情報の取り扱いについて
(C) TOYOTA MOTOR CORPORATION. All Rights Reserved.