モビ・レポ!モビリタを体験したゲストが語る安全の話 レーシングドライバー  中嶋 一貴さん 中嶋 一貴さん
中嶋 一貴(なかじま かずき) プロフィール
職業:レーシングドライバー
生年月日:1985年1月11日
主な経歴:10歳よりカートに乗り始め、1996年にカートレースデビュー。2002年、フォーミュラトヨタ・レーシングスクールのスカラシップを獲得。以降、全日本F3選手権、SUPER GT、F3ユーロシリーズなどへ参戦後、2008年からの2年間、AT&TウィリアムズからF1世界選手権にフル参戦。2012年は、ル・マン24時間耐久レースのドライバーに決定している。
中嶋 一貴さん
1.ル・マンへの挑戦 2.F1で得たこと 3.クルマの楽しさ
photoクルマを知り、合わせ、反応を楽しむ
モビリタでは、クルマを限界点でコントロールするトレーニング「トヨタ レーシングドライバー ミーティング」を開催している。日本トップクラスのレーシングドライバーがインストラクターとして同乗、受講者にきめ細かくアドバイス。クルマの性能を限界まで試せ、コントロールできる楽しさを存分に味わえる安全運転プログラムだ。
その入門篇「トヨタ レーシングドライバー ミーティング・エクスペリエンス」に、中嶋さんがインストラクターとして参加した。講習内容やテクニック、「普段乗っているクルマは?」といった質問まで、身振り手振りを交えて丁寧に教えていた姿が印象的だった。
「クルマの性能をフルに近い状態に引き出すのは、やはり楽しいですね。特に日本の公道では10パーセントくらいの性能しか使いきれませんから」
とはいえ、中嶋さんが考える「クルマの楽しさ」はスピードだけには留まらない。ハンドルを切ったりブレーキやアクセルの制御で得られるレスポンスはドライビングの醍醐味。クルマが自分の一部になる感覚はとりわけ楽しいものだ。特にワインディングでのドライビングでその感覚をつかむ人も多いのではないだろうか。アクセルやブレーキによる前後左右に荷重が移動する割合、ハンドルのあそび、サスペンションの柔らかさ。車種による特性や乗り味をつかんで合わせていくことが、クルマを楽しむ第一歩だと中嶋さんは言う。クルマの運転はスポーツと一緒。練習すれば練習するほどうまくなりますよ、とも。
photo 「最近、『若者のクルマ離れがおきている』という言葉を耳にしますね。僕は『クルマ離れ』よりも、クルマの選び方が変わったなとは思います。速さや格好よさよりは、スペースが広く機能的…。皆が求めているのが、いわゆる『家電のような』便利なクルマなのかな」
それはちょっと残念だけど、と前置きして中嶋さんは続けた。
「でも家電であれなんであれ、走るものである以上は運転する楽しみがあるはず。それが、自分が駆動させている感覚、自分の手足となっているという感覚なんです」
photo都内の市街地でレースを開催したい 
中嶋さんによると、クルマ好きには3種類あるという。運転するのが好きな人、速さやテクニックを競うのが好きな人、クルマの造形やエンジンなどのパーツが好きな人。
「僕は運転と、スポーツとして競争するのが好きなタイプです。クルマの性能を100パーセント引き出すのが僕らの仕事ですからね」
レーシングドライバーが天職とも言える中嶋さんだからこそ、昨今のモータースポーツ業界を取り巻く不景気には心を痛めている。1990年代初頭、F1ブームの火付け役となったフジテレビの地上波放映も、先頃取りやめが発表された。10年前までは全日本選手権でもサーキットが埋まるくらいの観客で溢れていたが、現在では人数が数えられるほどしかいないレースもあるのだという。
「人々の興味が多岐にわたって、レースへの興味が薄れてしまったのでしょうね。レース関係者が集まると、今後のモータースポーツ業界の行方の話になります…」
しかしモータースポーツにイベントとしての面白さは十分にあると中嶋さんは感じている。中嶋さんがレース観戦したことのない友人たちをサーキットへ呼ぶと、皆が目を輝かせて「おもしろいね!」と盛り上がるのだという。レースを知ってもらう、見てもらう機会を作れさえすれば…。
「そこで僕は思うんです。東京都内の市街地でレースを開催できないかなって。騒音がネックですが、ハイブリッドカーや電気自動車など、騒音が気にならないクルマが続々登場してるでしょう。レースのマシンも今後その方向にシフトしていくはず。騒音の障壁は取り除けるんじゃないのかな」
現役ドライバーのいま、目の前の仕事が第一だということはわかっている。だがモータースポーツ界をもり立てるアイデアを常に持っていたいし、普及の役に立ちたい気持ちはいまも大きい。これはレースに携わる自分が持つべき責任だと、中嶋さんはきっぱり言い切った。

FIA世界耐久選手権という大舞台で走るトヨタのハイブリッドマシン。ル・マンでの24時間耐久レースは、日本が生んだエンジンで日本人選手初の優勝という期待もかかっている。ル・マンの24時間とハイブリッドマシンは、モータースポーツ界に生き続ける覚悟を決めた中嶋さんに、どんな気づきと糧をもたらすだろうか。
BACK F1で得たこと
モビ・レポTOP
サイトマップ リンク 個人情報の取り扱いについて
(C) TOYOTA MOTOR CORPORATION. All Rights Reserved.