展示:キャデラック シリーズ 60スペシャル / Cadillac Series 60 Special

クルマ館2階
Automobile Gallery 2nd fl.
キャデラック シリーズ 60スペシャル(1938年・アメリカ)
Cadillac Series 60 Special(1938, U.S.A.)

車両データ / Vehicle Data

全長 / Length

5264mm

全幅 / Width

1978mm

全高 / Height

1679mm

車両質量 / Vehicle Mass

1948kg

ホイールベース / Wheelbase

3226mm

エンジン形式 / Engine Type

水冷V型8気筒L-頭型

Water-cooled, V8, L-head

総排気量 / Total Displacement

5670cm3

最高出力 / Maximum Output

135/101/3400(HP/kW/min-1)

車両解説 / Vehicle Description

1938年のキャデラック60スペシャルは、実用性を考慮して流線型を応用した最初のモデルであろう。ランニングボードのない、低く幅広のスタイルは力強く、プレステージを演出するにふさわしいものだし、なによりトランクルームを設けたことに注目したい。当時、このスタイルはトヨタの大型B型やBC型にも採り入れられたように、現代の3ボックスセダンの基本形がこの時できあがったのである。また、60スペシャルはコラムシフト方式を採用したことでも有名であった。

The 1938 Cadillac 60 Special is arguably the first car that adopted a streamlined styling for practical reasons. The wide and low-slung body, unencumbered by running boards, gave an air of power and prestige. The addition of a rear luggage space was of particular significance, as it foreshadowed the 3-box styling of today's sedans. In fact, Toyota was quick to adopt this styling for its large Model B and BC sedans at the time. The 60 Special was also known for introducing the steering column gearshift.

展示車リストに戻る/ Back to the list of vehicles