展示:キャデラック シリーズ 60スペシャル / Cadillac Series 60 Special

クルマ館2階
Automobile Gallery 2nd fl.
キャデラック シリーズ 60スペシャル(1948年・アメリカ)
Cadillac Series 60 Special (1948, U.S.A.)

車両データ / Vehicle Data

全長 / Length

5718mm

全幅 / Width

1993mm

全高 / Height

1650mm

車両質量 / Vehicle Mass

2089kg

ホイールベース / Wheelbase

3382mm

エンジン形式 / Engine Type

水冷V型8気筒SV

Water-cooled, V8, SV

総排気量 / Total Displacement

5674cm3

最高出力 / Maximum Output

150/112/3600(HP/kW/min-1)

車両解説 / Vehicle Description

第2次世界大戦後、しばらくは戦前型のマイナーチェンジを造り続けていたが、戦後初の本格的なモデルとして開発されたこの1948年型は、自動車業界初の曲面ガラスや、双胴の戦闘機の尾翼をモチーフとしたテールフィンなど、先進的なデザインが大きな反響を呼ぶとともに、その後の世界の自動車デザインに大きな影響を与えた。

For some years after WWII, Cadillac offered nothing new except some souped-up prewar models. The fully redesigned 1948 model marked a departure from the past, however. Its futuristic design -- including the industry's first curved windshield and tailfins reminiscent of a twin-body fighter plane -- struck a chord with consumers, and had an enormous impact on auto design throughout the world.

展示車リストに戻る/ Back to the list of vehicles