展示:シボレー スペリア シリーズK / Chevrolet Superior Series K

クルマ館2階
Automobile Gallery 2nd fl.
シボレー スペリア シリーズK (1925年・アメリカ)
Chevrolet Superior Series K (1925, U.S.A.)

車両データ / Vehicle Data

全長 / Length

4010mm

全幅 / Width

1672mm

全高 / Height

1890mm

車両質量 / Vehicle Mass

1072kg

ホイールベース / Wheelbase

2616mm

エンジン形式 / Engine Type

水冷直列4気筒OHV

Water-cooled, in-line4, OHV

総排気量 / Total Displacement

2802cm3

最高出力 / Maximum Output

26/19/1800(HP/kW/min-1)

車両解説 / Vehicle Description

T型フォードに挑戦してたゆまざる改良を進めてきたシボレーは、よりパワフルによりスムーズにを目標にして、1925年にKシリーズを発表した。そして、2年後の1927年には生産台数でT型フォードを抜き、世界のベストセラーカーとしての地位を確立した。なお、この車はエセックスに次いで箱型ボディを大衆車ベースに導入できた事でも大きな意味を持っていた。

In its relentless challenge to surpass the Ford Model T, Chevrolet introduced the Series K in 1925 as a more powerful and smoother-running alternative to the Model T. Two years later, the Series K beat the Model T in production volume and established itself as the world's top seller. The car was also notable for offering a closed body on an affordable platform, following the example of the Essex a few years earlier.

展示車リストに戻る/ Back to the list of vehicles