展示:タッカー’48 / Tucker '48

クルマ館2階
Automobile Gallery 2nd fl.
タッカー’48(1948年・アメリカ)
Tucker '48 (1948, U.S.A.)

車両データ / Vehicle Data

全長 / Length

5487mm

全幅 / Width

2057mm

全高 / Height

1578mm

車両質量 / Vehicle Mass

1527kg

ホイールベース / Wheelbase

3235mm

エンジン形式 / Engine Type

水冷水平対向6気筒OHV

Water-cooled, horizontal, opposed6, OHV

総排気量 / Total Displacement

5478cm3

最高出力 / Maximum Output

166/124/3200(HP/kW/min-1)

166/124/3200 (hp/kw/min-1)

車両解説 / Vehicle Description

第2次世界大戦後アメリカの自動車産業ではBig3に対抗すべく数多くの新興メーカーが参入を試みた。中でも有名なひとつがこの「タッカー」であろう。
モダンなボディにヘリコプター用の水平対向エンジンをリアに搭載し、4輪独立懸架や前席には衝突時の安全を守るためダッシュボードに緩衝パッドを設けるなど、安全対策を含む先進的な技術と斬新なデザインで前評判と期待を高めたが、開発資金難や訴訟問題などでアメリカンドリームは果たせず、51台が生産されただけで会社は倒産した。

After WWII, many upstart automakers tried to take on the Big Three. Tucker is a notable case in point. The automobile designed by Tucker had a modern look with a horizontally opposed helicopter engine in the rear, featuring 4-wheel independent suspension and a padded dashboard for collision safety. These advanced features and safety measures, coupled with the novel design, gave high expectations to Tucker's prospective customers. However, what with  financial difficulties and damaging lawsuits, the company went bankrupt after producing only 51 vehicles, leaving its founder's American dream unfulfilled.

展示車リストに戻る/ Back to the list of vehicles