展示:デューセンバーグ モデルJ / Duesenberg Model J

クルマ館2階
Automobile Gallery 2nd fl.
デューセンバーグ モデルJ (1929年・アメリカ)
Duesenberg Model J (1929, U.S.A.)

車両データ / Vehicle Data

全長 / Length

5373mm

全幅 / Width

1844mm

全高 / Height

1768mm

車両質量 / Vehicle Mass

2469kg

ホイールベース / Wheelbase

3620mm

エンジン形式 / Engine Type

水冷直列8気筒DOHC

Water-cooled, in-line8, DOHC

総排気量 / Total Displacement

6882cm3

最高出力 / Maximum Output

265/198/4200(HP/kW/min-1)

265/198/4200 (hp/kw/min-1)

車両解説 / Vehicle Description

モデルJは、アメリ力最高の多くのコーチビルダーがボディを架装。この時代の豪華サルーンに一歩もひけをとらないし、性能においてもはるかに抜きん出ていた。レーシングカーなみのそのパワーは、腕に自信のないドライバーではおさえつけることができないほどの強靱なパワーで人々を圧倒したのである。2力ウルの独特なボディはルバロン製フェートンで、数あるバリエーションのなかでも有名なモデルである。

The diverse coachwork for the Duesenberg Model J came from a number of top American coach builders. This beautifully built car easily withstood comparison with the most gorgeous saloons of its time, and in terms of on-road performance it was simply unrivaled. The race car-like power of its engine was so intimidating that inexperienced drivers found it difficult to keep control. Among the numerous body variations of the Duesenberg, the unique dual-cowl phaeton body produced by the Lebaron Company was particularly distinctive.

展示車リストに戻る/ Back to the list of vehicles