展示:トーマス フライヤー モデルL / Thomas Flyer Model L

クルマ館2階
Automobile Gallery 2nd fl.
トーマス フライヤー モデルL(1909年・アメリカ)
Thomas Flyer Model L (1909, U.S.A.)

車両データ / Vehicle Data

全長 / Length

4112mm

全幅 / Width

1681mm

全高 / Height

2155mm

車両質量 / Vehicle Mass

1312kg

ホイールベース / Wheelbase

3096mm

エンジン形式 / Engine Type

水冷直列6気筒L-頭型

Water-cooled, in-line6, L-head

総排気量 / Total Displacement

4377cm3

最高出力 / Maximum Output

40/30/-(HP/kW/min-1)

車両解説 / Vehicle Description

1902年から2気筒小型ラナバウトの生産をはじめたトーマス社は、当時のアメリ力でもっとも有名で大きな自動車メーカーのひとつであった。1905年からは4気筒40/50HPや、6気筒60HPのシャシーでレースアバウトからリムジンまでさまざまなモデルをつくったことでも有名である。なかでも展示車両6気筒Lモデルは、やや小型かつ比較的安価なことから非常に人気があった。しかしトーマス社を一躍有名にしたのは、モデル35・フライヤー4気筒72HPがニューヨーク~パリレースで優勝したことであろう。この時、ウラジオストックヘ渡る途中わが国を経由した事実も興昧深い。

The E.R. Thomas Motor Co. started out in 1902 by producing compact 2-cylinder runabouts, and soon came to be known as one of the largest automakers in the U.S. Beginning in 1905, the company used 4-cylinder 40-hp/50-hp and 6-cylinder 60-hp chassis to significantly expand its model lineup, which ranged from raceabouts to limousines. Of these, the 6-cylinder Model L was especially popular due to its moderate size and relatively low price. However, the model that brought dazzling fame to the company was the Thomas Flyer Model 35 with a 4-cylinder 72-hp engine, which won the 1908 New York to Paris race. It should be noted that the route of this race passed through Japan on the way to Vladivostok.

展示車リストに戻る/ Back to the list of vehicles