展示:フォード モデルGPW "ジープ" / Ford Model GPW "Jeep"

クルマ館2階
Automobile Gallery 2nd fl.
フォード モデルGPW "ジープ" (1943年・アメリカ)
Ford Model GPW "Jeep" (1943, U.S.A.)

車両データ / Vehicle Data

全長 / Length

3359mm

全幅 / Width

1575mm

全高 / Height

1772mm

車両質量 / Vehicle Mass

1070kg

ホイールベース / Wheelbase

2032mm

エンジン形式 / Engine Type

水冷直列4気筒L-頭型

Water-cooled, in-line4, L-head

総排気量 / Total Displacement

2199cm3

最高出力 / Maximum Output

54/40/4000(HP/kW/min-1)

車両解説 / Vehicle Description

第2次世界大戦直前の1941年に軍用偵察や、連絡を目的として生まれたいわゆるジープは、かつてわれわれの知らなかった新しい可能性を持つ自動車として、さまざまなかたちで人類に貢献した。たとえば、4輪駆動を使うことによって得られる不整地走破能力は、生活や行動の範囲を広げたことをはじめ、自動車技術においても高く評価できる。乗用車のように美的な意識を持ってつくられたわけではないが、ボディ各部の機能を目的別にボルトオンしただけの合理的かつ経済的な構造は、純粋な機能美を持っている。つまりジープこそ、ヘンリー・フォードがモデルTで出したトランスポーターとしての自動車の機能を徹底的に追求した本来の姿であり、戦後のクルマづくりの基本にもなっているのである。

The Jeep was created in 1941, just before Japan plunged into WWII. Originally developed for military reconnaissance and command communication missions, the Jeep opened up new potentials for the automobile and benefited mankind in many ways. For example, the 4-wheel-drive configuration not only represented a remarkable advancement in automotive technology, but also extended the range of our daily activities and lifestyles by giving us the ability to drive over rough terrain. Although aesthetic concerns were hardly on the agenda of Jeep designers, when all the parts were bolted together in the most rational and economical manner possible, the result was a pure functional beauty. One might say the Jeep was arrived at through a relentless pursuit of automotive functions, just as Henry Ford's quest for an ultimate transporting machine led to the Model T. In fact, the functionality of the Jeep design set a baseline for postwar car manufacturing.

展示車リストに戻る/ Back to the list of vehicles