展示:フォード モデル40 / Ford Model 40

クルマ館2階
Automobile Gallery 2nd fl.
フォード モデル40(1934年・アメリカ)
Ford Model 40 (1934, U.S.A.)

車両データ / Vehicle Data

全長 / Length

4450mm

全幅 / Width

1735mm

全高 / Height

1745mm

車両質量 / Vehicle Mass

1264kg

ホイールベース / Wheelbase

2852mm

エンジン形式 / Engine Type

水冷V型8気筒L-頭型

Water-cooled, V8, L-head

総排気量 / Total Displacement

3621cm3

最高出力 / Maximum Output

91/68/3800(HP/kW/min-1)

車両解説 / Vehicle Description

高級化する実用車へ、フォードが出した答えは全てのモデルにV型8気筒エンジンを使うというものであった。実際には4気筒も残されたが、1932年にV8を採用したモデルを発表した。V8の利点はパワフルかつスムーズなことだが、コンパクトに収まることからスタイリングに与えた影響も大きい。短いノーズは違和感なく流線型を採り入れることができたのである。1934年のモデルは丸みをおびたボディと傾斜したハート型グリルを持ち、すでに流線型デザインの兆しが見られる。

As the popularity of upscale economy cars grew, Ford contemplated installing a V8 engine on all its models. Although that did not lead to the discontinuation of 4-cylinder models, Ford did announce a V8-powered model in 1932. The major benefits of a V8 engine were its power and smoothness, but it was also compact enough to allow greater freedom in body styling. It became possible to shorten the nose, for example, making it easier to adopt the popular streamlined styling. The 1934 Ford Model 40 featured a rounded body with a heart-shaped, slightly leaned back radiator grille -- reflecting the budding trend toward streamlining.

展示車リストに戻る/ Back to the list of vehicles