展示:ベイカー エレクトリック / Baker Electric

クルマ館2階
Automobile Gallery 2nd fl.
ベイカー エレクトリック (1902年・アメリカ)
Baker Electric (1902, U.S.A.)

車両データ / Vehicle Data

全長 / Length

2565mm

全幅 / Width

1415mm

全高 / Height

2250mm

車両質量 / Vehicle Mass

436kg

ホイールベース / Wheelbase

1730mm

エンジン形式 / Engine Type

電気モーター20V

Electric-motor, 20V

総排気量 / Total Displacement

-

最高出力 / Maximum Output

1/0.7/-(HP/kW/min-1)

車両解説 / Vehicle Description

ガソリン自動車の普及がはじまっても、アメリ力では長い間、電気自動車がつくられた。それは、やはり1895年にジョージ・ウィリアム・セルデンが取った自動車そのものに対するパテントのため、ガソリン自動車をつくるためにはロイヤリティを支払わなければならなかったからだろう。しかし、もうひとつ考えられる理由は、静かで、排出ガスもなく、始動時にクランクを回す必要がないという電気自動車の利点によるもので、事実、女性には人気があったという。ベイ力ー・エレクトリックは1899年から1915年まで続いた有名な電気自動車で、1馬力のモーターから時速40kmの走行が可能。各部にボールベアリングを多用し、初めて駆動系にベベルギアを採用したことでも有名である。

Despite the emergence of affordable gasoline cars, American manufacturers continued to produce electric cars well into the 1900s. For one thing, the patent on gasoline cars that George William Selden obtained in 1895 made gasoline cars rather costly to make due to royalty payments. Another factor was that electric cars were quiet, discharged very little fumes, and required no hand cranking to start up. In fact, electric cars were reported to have been very popular among ladies. Baker Motor Vehicles Co. (1899-1915) was a famous manufacturer of electric cars. The Baker Electric shown here was capable of going at 40 km/h with a 1 hp motor. Baker was also known for its liberal use of ball bearings, and for being the first to adopt the bevel gear shaft drive.

展示車リストに戻る/ Back to the list of vehicles