展示:リンカーン ゼファ シリーズHB / Lincoln Zephyr Series HB

本館2階
Main Bldg. 2nd fl.
リンカーン ゼファ シリーズHB (1937年・アメリカ)
Lincoln Zephyr Series HB (1937, U.S.A.)

車両データ / Vehicle Data

全長 / Length

5143mm

全幅 / Width

1854mm

全高 / Height

1753mm

車両質量 / Vehicle Mass

1643kg

ホイールベース / Wheelbase

3098mm

エンジン形式 / Engine Type

水冷V型12気筒L-頭型

Water-cooled, V12, L-head

総排気量 / Total Displacement

4380cm3

最高出力 / Maximum Output

110/82/3600(HP/kW/min-1)

車両解説 / Vehicle Description

1935年に登場したリンカーンゼファはまさしく完成された流線型であった。前開きのエンジンフード、フェンダーに埋め込まれたヘッドランプ、形跡だけをとどめるランニングボードなど、美しくまとめられた未来的なデザインはたちまち人気の的となった。とくにモノコック構造から生まれた前後のバランスは絶妙であり、そのスタイリングは、フォルクスワーゲンにも強い影響を与えている。この1937年モデルも細かなマイナーチェンジは受けるが、基本的にはデビュー時と変わるところはない。

The Lincoln Zephyr was introduced in 1935 featuring a thoroughly streamlined design. Integrating such elements as the back-hinged engine hood, headlights embedded in the front fenders, and ornamental vestiges of running boards, this stylish and futuristic car proved immediately popular. Its superb front and rear balance -- one of the benefits of the monocoque body structure -- gave a strong influence on the Volkswagen Beetle's design, too. Except for some minor changes, the 1937 model in our collection is basically the same as the 1935 model.

展示車リストに戻る/ Back to the list of vehicles