展示:デイムラー タイプ45 / Daimler Type 45

クルマ館2階
Automobile Gallery 2nd fl.
デイムラー タイプ45(1920年・イギリス)
Daimler Type 45 (1920, U.K.)

車両データ / Vehicle Data

全長 / Length

5454mm

全幅 / Width

2010mm

全高 / Height

2085mm

車両質量 / Vehicle Mass

2453kg

ホイールベース / Wheelbase

3708mm

エンジン形式 / Engine Type

水冷直列6気筒スリーブバルブ

Water-cooled, in-line6, sleeve-valve

総排気量 / Total Displacement

7413cm3

最高出力 / Maximum Output

65/49/1400(HP/kW/min-1)

車両解説 / Vehicle Description

イギリス最古の自動車会社であるデイムラーは、エドワード7世により「御料車」として指定されて以来、戦後ロールス・ロイスにその地位を譲るまで、長い間イギリス王室や各国の上流階級に愛用されてきた。
また、納車はストラットストーン社が一手に引き受けていたことも知られている。
著名なコーチビルダーによる豪華なボディ架装と大排気量のスリーブ・バルブ・エンジンによる静粛な走行は、超豪華車の代表に相応しいものであった。
なお、この車はインドの藩王(マハラジャ)が使用していたものである。

Daimler, the earliest automobile company in the U.K., was appointed manufacturer of 'Royal Cars' by Edward VII, until Rolls-Royce took over this privileged position after WWII. Daimlers were long cherished by the British Royal family as well as by people of high society in various countries. Stratstone Limited is known to have been the exclusive distributor of Daimlers at the time. With luxurious coachwork by renowned coach builders and stately silence realized by large-displacement sleeve valve engines, Daimlers were synonymous with ultra-luxury cars. The car on display was formerly owned by an Indian Maharajah.

展示車リストに戻る/ Back to the list of vehicles