展示:ベントレー 41/2リットル / Bentley 4 1/2 Liter

クルマ館2階
Automobile Gallery 2nd fl.
ベントレー 41/2リットル(1930年・イギリス)
Bentley 4 1/2 Liter (1930, U.K.)

車両データ / Vehicle Data

全長 / Length

4374mm

全幅 / Width

1728mm

全高 / Height

1779mm

車両質量 / Vehicle Mass

1564kg

ホイールベース / Wheelbase

2980mm

エンジン形式 / Engine Type

水冷直列4気筒OHC

Water-cooled, in-line4, OHC

総排気量 / Total Displacement

4398cm3

最高出力 / Maximum Output

110/82/3500(HP/kW/min-1)

車両解説 / Vehicle Description

ベントレーはビンテージ期(1920年代から30年代初め)のイギリス・スポーツカーのなかでもっとも重要な意味を持つ。1927年からル・マン24時間レース4連勝、1924年の勝利を含めれば、この時期なんと5回もル・マン24時間レースを制覇。なかでも1928年のル・マン24時間レースで優勝を飾った4 1/2リットルツアラーは、ベントレーでもっともポピュラーなモデルとして力強いジョンブル魂を象徴している。ビンテージ・ベントレーの特徴は、ハイスピードで長距離を走るために耐久性と信頼性を重視したことから、この時代の他の純レーサーと違って大型ボディと大排気量エンジンを備えていたことであろう。

The Bentley played an important role during the vintage years of British sports cars (i.e., 1920s to early 1930s). It won four consecutive Le Mans 24H races from 1927 on, achieving a total of five wins, including its 1924 victory. The Bentley 4 1/2-Litre tourer, which won the 1928 Le Mans 24H race, became the most popular Bentley and gained distinction as a quintessentially British car. Designed for durability and reliability to cover long distances at high speeds, vintage Bentleys featured a big body with a large-displacement engine, quite unlike other racers of that time.

展示車リストに戻る/ Back to the list of vehicles