展示:モーリス オックスフォード / Morris Oxford

クルマ館2階
Automobile Gallery 2nd fl.
モーリス オックスフォード(1913年・イギリス)
Morris Oxford (1913, U.K.)

車両データ / Vehicle Data

全長 / Length

3147mm

全幅 / Width

1345mm

全高 / Height

1675mm

車両質量 / Vehicle Mass

603kg

ホイールベース / Wheelbase

2128mm

エンジン形式 / Engine Type

水冷直列4気筒T-頭型

Water-cooled,in-line4,T-head

総排気量 / Total Displacement

1018cm3

最高出力 / Maximum Output

16.4/12/2400(HP/kW/min-1)

車両解説 / Vehicle Description

モーリス オックスフォードはイギリス人のための車づくりをめざしたモーリス社の創立者ウィリアム・モーリスによってつくられた小型大衆車。この車はエンジンなどの主要部品の外注により、製造コストを低く抑えて提供され続け、1913年から1923年までに約15万台生産された。また、個性的なラジエーターから「ブル・ノーズ」と呼ばれ、広く親しまれた。

The Morris Oxford was produced by Morris Motors founder William Morris as a small car for the British public. Morris succeeded in keeping costs down by outsourcing major parts including the engine, and some 150,000 vehicles were produced between 1913 and 1923. Because of the distinct shape of its radiator, the model was nicknamed the 'Bullnose' and enjoyed wide popularity.

展示車リストに戻る/ Back to the list of vehicles