展示:アルファロメオ 6C1750 グランスポルト / Alfa Romeo 6C 1750 Gran Sport

クルマ館2階
Automobile Gallery 2nd fl.
アルファロメオ 6C1750 グランスポルト(1930年・イタリア)
Alfa Romeo 6C 1750 Gran Sport (1930, Italy)

車両データ / Vehicle Data

全長 / Length

4070mm

全幅 / Width

1625mm

全高 / Height

1330mm

車両質量 / Vehicle Mass

942kg

ホイールベース / Wheelbase

2775mm

エンジン形式 / Engine Type

水冷直列6気筒DOHC,スーパーチャージャー

Water-cooled, in-line6, DOHC, super-charger

総排気量 / Total Displacement

1752cm3

最高出力 / Maximum Output

85/63/4500(HP/kW/min-1)

車両解説 / Vehicle Description

スーパーチャージャー付6気筒DOHC・1750cm³の軽快なエンジンで数々のレースに勇名を馳せた6Cは、設計者ヴィットリオ・ヤーノの傑作のひとつであろう。その戦績は枚挙にいとまがないが、特に知られているのは、公道上のレースとして知られるミッレ・ミリアで史上初めて平均時速100km以上で走破し、見事優勝したことである。(1930年、ドライバーはタチオ・ヌヴォラーリ)

Powered by a sprightly 6-cylinder, 1,750 cm³ super-charged DOHC engine, the Alfa Romeo 6C distinguished itself in numerous races, securing a place among the greatest creations of automobile designer Vittorio Jano. Prominent among its many victories was a win at the prestigious Mille Miglia road race in 1930. The car, driven by Tazio Nuvolari, won a spectacular victory with a record average speed exceeding 100 km/h.

展示車リストに戻る/ Back to the list of vehicles