展示:イソッタ フラスキーニ ティーポ I / Isotta-Fraschini Tipo I

クルマ館2階
Automobile Gallery 2nd fl.
イソッタ フラスキーニ ティーポ I(1908年・イタリア)
Isotta-Fraschini Tipo I (1908, Italy)

車両データ / Vehicle Data

全長 / Length

4209mm

全幅 / Width

1743mm

全高 / Height

1585mm

車両質量 / Vehicle Mass

1344kg

ホイールベース / Wheelbase

2997mm

エンジン形式 / Engine Type

水冷直列4気筒T-頭型

Water-cooled, in-line4, T-head

総排気量 / Total Displacement

7970cm3

最高出力 / Maximum Output

85/63/1600(HP/kW/min-1)

車両解説 / Vehicle Description

イタリアの伝説的な最高級車イソッタ・フラスキー二は、4輪ブレーキ(1910年採用)やSOHC8気筒エンジンの先駆者として、またモータースポーツでの活躍も目覚ましいものがあった。このタイプIは1907年にはコッパフローリオを勝ち取ったほか、1908年のタルガフローリオで勝利を飾るなど、多くの栄光を残している。また、英国のアストン・マーチンもこの最初の車にはイソッタ・フラスキーニのシャシーが使われており、若き日のエンツォ・フェラーリやアルフィエーリ・マセラーティもここのドライバーを経て、巣立っていったのである。

A legendary Italian luxury marque, the Isotta Fraschini was among the first to introduce 4-wheel brakes (in 1910) and an SOHC 8-cylinder engine. The company's sporting prowess was also well known. For example, the Type I won the Coppa Florio in 1907 and Targa Florio in 1908, among others. Isotta Fraschini also inspired many notable auto manufacturers. The first Aston Martin was built using an Isotta Fraschini chassis,[ and young Enzo Ferrari and Alfieri Maserati raced for Isotta Fraschini as drivers before starting out on their own.

展示車リストに戻る/ Back to the list of vehicles