展示:ランチア アストゥーラ ティーポ233C / Lancia Astura Tipo 233C

クルマ館2階
Automobile Gallery 2nd fl.
ランチア アストゥーラ ティーポ233C(1936年・イタリア)
Lancia Astura Tipo 233C (1936, Italy)

車両データ / Vehicle Data

全長 / Length

5227mm

全幅 / Width

1734mm

全高 / Height

1598mm

車両質量 / Vehicle Mass

1582kg

ホイールベース / Wheelbase

3212mm

エンジン形式 / Engine Type

水冷V型8気筒OHC

Water-cooled, V8, OHC

総排気量 / Total Displacement

2972cm3

最高出力 / Maximum Output

82/61/4000(HP/kW/min-1)

車両解説 / Vehicle Description

アルファロメオと肩を並べ、スポーツカーの華をさかせたランチアが1931年に発表したアストゥーラは当初、それほどスポーティなモデルではなかった。ところが1933年、エンジンを大型化したことで時にはアルファロメオを破るほど高性能なツーリングカーに成長。1935年以降はピニン・ファリーナなどの力ロッツェリアが魅力的なボディを架装して高級スポーツカーの道を選んだ。1936年のこのモデルもピニン・ファリーナの手によるものである。

The Lancia Astura released in 1931 was not a particularly sporty car. As its engine capacity was increased in 1933, however, the Astura evolved into a superb touring car capable of beating Alfa Romeos in races, making Lancia stand shoulder-to-shoulder with Alfa Romeo as the leading sports car manufacturer. From 1935 on, the company produced upscale sports cars featuring attractive bodies by Pininfarina and other famous coachbuilders. The 1936 model in our collection was also styled by Pininfarina.

展示車リストに戻る/ Back to the list of vehicles