展示:イスパノスイザ アルフォンソXIII / Hispano-Suiza Alfonso XIII

クルマ館2階
Automobile Gallery 2nd fl.
イスパノスイザ アルフォンソXIII(1912年・スペイン)
Hispano-Suiza Alfonso XIII (1912, Spain)

車両データ / Vehicle Data

全長 / Length

3806mm

全幅 / Width

1592mm

全高 / Height

1439mm

車両質量 / Vehicle Mass

993kg

ホイールベース / Wheelbase

2640mm

エンジン形式 / Engine Type

水冷直列4気筒SV T-頭型

Water-cooled, in-line4, SV T-head

総排気量 / Total Displacement

3620cm3

最高出力 / Maximum Output

64/48/2300(HP/kW/min-1)

車両解説 / Vehicle Description

スペイン王室とも深い結びつきを持ち、多くの伝説に彩られるイスパノスイザは、想像を絶する豪華車でも有名だが、第1次世界大戦前は積極的にレースヘ参加、1910年のクープ・デル・アウトで初の勝利を手にした。このプロトタイプはタイプ15Tと呼ばれ市販されるが、第1号車をスペイン王アルフォンソ13世に王妃が贈り物としたことから“アルフォンソXIII”の名で知られるようになった。しかも、レーシングカーをデチューンして生まれた優れた性能や軽快な操縦性から、史上初のスポーツカーともいわれている。

The Hispano-Suiza was a luxury marque with many colorful legends, reflecting its ties with the royal family of Spain. An active participant in car races before WWI, Hispano-Suiza recorded its first win in the Coupe de l'Auto in 1910. Based on the racing prototype built for this contest, the production model Type 15T was developed, and the first vehicle was presented by the Queen of Spain to her husband, King Alfonso XIII, as a gift. From that time on, the automobile has been known as the Alfonso XIII. As a detuned racing car, this road version boasted excellent driving ease and superior performance, becoming the first production sports car in history.

展示車リストに戻る/ Back to the list of vehicles